ダイエットの陥りやすい罠?!最低限の栄養のバランスをとる!

ダイエットの陥りやすい罠?!最低限の栄養のバランスをとる!

栄養画像

 

「最近ちょっと体重増えたかも・・・。」「ダイエットしなきゃ!」といきこんだはいいものの、食事制限をしたことで体調が何だかすぐれない、肌が荒れてきた、そんな経験ありませんか?

 

私も一時期体重が増えてしまい、頭を抱えていた時期がありまして、当時は痩せたい一心で食事の量を減らすという生活を繰り返していました。例えば、「一日1食で野菜のみ」「肉は食べない」といった感じです。結果として、少しは痩せることができましたが、栄養不足で体調を崩してしまったんです!

 

今は無理な食事制限をするんじゃなくて、カロリーや栄養をバランスよく摂取するという環境に変えることができたので、毎日元気ですよ!ストレスもたまらないし、なにより食べることが大好きなので解放された気分です(笑)

 

今回は、最低限の栄養を摂取しつつも無理せずダイエットできる方法をご紹介します!食事が原因で体重が増えるという概念をなくし、体調を崩すことなく、肌の状態もキープしながらも効率よくダイエット!そんな生活手に入れてみませんか!

 

 

 

 

無理な食事制限は、落とし穴

 

栄養

 

重ねるようですが、ダイエットするのに食事制限する!というのはおすすめしません!

 

例えば、「ダイエット=野菜中心のヘルシーメニュー」ダイエットを始めると、野菜だけに絞り込んだ食生活にしてしまいがちな方、多いのではないでしょうか?もちろん、野菜には低カロリー、ビタミンやミネラルなどを効率よく摂取できるといった魅力があります。まさに健康的な食生活には欠かせない食べ物であるといえます!

 

だからといって、野菜だけの栄養があれば大丈夫というわけではありません!健康な状態を保つための栄養素の中には、野菜のみでは摂取できないものももちろんあるからです。偏りのある食事は返って、体を壊してしまいますよ!

 

ダイエットの基本は、「摂取カロリーと消費カロリーのバランス」です!食事制限に体が慣れてしまったら、栄養に飢えた状態に陥り、そこで口にした食べ物が急激に吸収され太りやすい状態を作ってしまう可能性もあるので、注意しましょう!

 

 

タンパク質をしっかり摂取する!

 

画像

 

ダイエット時に、不足しやすい栄養素として代表的なのは「タンパク質」です。しかし、勘違いされることが多いのですが痩せたいときほど、タンパク質の摂取が必要なんです!

 

私も実は痩せたいなら、タンパク質は摂ってはいけない!と思い込んでいました。それは単なる思い込みだったんですけどね!

 

タンパク質には、空腹感を抑え満腹感を得る働きや、筋肉の分解を抑える働きがあります。食事の量を落とすと、筋肉も落ちてしまいますが、タンパク質を十分摂取していれば筋肉量の低下を抑えてくれるというわけです。

 

つまりタンパク質の役割をきちんと把握して摂取することが大切です。

 

よりタンパク質を手軽に摂取したいときは、プロテインサプリメントもおすすめです。プロテインには、皆さんがご存じのとおり、タンパク質がたっぷりと含まれているからです!気になる方はチェックしてみて下さいね!

 

 

食事の仕方を工夫する

 

まずは食べる順番を変えてみる。

 

野菜から食べ始め、次に肉や魚、最後に糖質を多く含む主食を食べる。先に野菜を食べることで、血糖値の上昇が緩やかになり、インスリンの分泌を抑えてくれます!生活習慣病の予防にもなります!

 

ダイエットのためとはいえ、栄養のバランスがとれていないと、なんだかやる気が出なったり思考能力が落ちたり肌荒れが起きたりといった体調面の弊害、好きなものを自由に食べられないというのはストレスにつながります!

 

 

このような状態になっても体重が減らないと、長続きもしないと思います。健康的な体を作るにはどの栄養素も欠かせません。私は、食事を減らして痩せようとしていましたが、まずは現状食事のバランスはどうなのか?そこを見直し改善することから始めました。そうすることで減量にも成功しました!

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?
ダイエットをするにしても、無理な食事制限を繰り返してしまうと、身体的・精神的に悪影響を受けてしまうし、最悪の場合病気へと発展するかもしれません!

 

最低限必要な栄養を摂取するためにも、食事を制限するんじゃなくてバランスの調整を意識すること!
そうすれば、ストレスも感じないしお肌をきれいに保ちつつも効率的に痩せることができます!「なんか痩せてスタイル良くなったね!」と周りに褒められるくらいの状態を実現しましょうね!

 

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る