正しい姿勢って?知らないだけで実は健康に影響を与えている?!

正しい姿勢って?知らないだけで実は健康に影響を与えている?!

姿勢画像

 

普段パソコンやスマートフォンなどを前傾姿勢で長時間操作する生活を続けていると、猫背になってしまった。加齢とともにいつの間にか不自然な姿勢になってしまっていた。こんな経験がある人も多いのでは?

 

私は、以前から猫背なのが悩みでした。といいながらも、直す努力すらせずついつい姿勢が悪いことなんてことが当たり前のようになりました。若いころは姿勢よかったんですよ?

 

結果として、不自然な姿勢が原因で「肩こり」や「頭痛」「腰痛」に悩まされるようになってしまったんです!病院の先生いわく、このままの状態が続くと、内臓の不調を起こしたり、うつ病になる可能性もでてくるとのこと!

 

「姿勢が悪いだけで、健康にも影響を与えてしまうの?!」このとき、わたしはようやく危機感を感じ、姿勢を正すため行動するようになっていきました。

 

今回は、姿勢は良くも悪くも健康に影響を与えてしまうという話とその改善法をご紹介していきます!これで姿勢を改善できて、体の不調はなくなります!健康を維持しながら、周りから「あの人姿勢きれい!」と注目を浴びるかも?そんな生活へと一変させませんか?!

 

 

 

 

侮れない猫背、意外な万病のもと

 

画像

 

現代の生活は姿勢が悪くなるものばかりで、普通に暮らしていても猫背になってしまいますよね。

 

「座るときに背もたれによりかかる」「足を組むことが多い」「スマホをよく見てしまう」1つでも当てはまると猫背になってしまっている可能性が高いです!

 

人間の背骨は緩やかにS字を描きながら頭部を支えています。胸の部分の胸椎のカーブがきつくなった状態というのが「猫背」です。
前かがみになりやすい傾向にある人は、意識して姿勢を正さないと猫背のまま固まってしまい、なかなか直すのが難しい状態になりかねません!

 

猫背が癖になってしまうのは、「楽に感じる」からです。実際は猫背のほうが筋肉にかかる負担は大きいんです!それでも脳も「これが自然なんだ」と誤認してしまい、癖になってしまうというわけです。

 

このまま放っておくと、運動能力が低下したり、肩こりも招いてしまいますよ!甘く見ていると、いつの間にか深刻な症状に発展しかねません!

 

猫背を改善するには?

 

画像

 

では直すにはどうすればいいのでしょう?とある教授によれば「若い人であれば、直そうという意欲と努力があれば回復できる」とのこと。まずは、日常生活から姿勢を正す努力を続けましょう。

 

例えば、働いている人ならオフィスでの姿勢に気をつけましょう!椅子に座るときは背筋をしっかりと伸ばし、足の裏を床につけて、足首や膝の角度をほぼ直角に!肘を90度曲げたところにパソコンのキーボードなどを置きます。画面は最上部の部分がなるべく目の高さまでくるようにしましょう!30分ほど作業をしたら、いったん席をはずして、背筋を伸ばしましょう!私も今。この記事を書きながら、たまに背筋を伸ばしながらやってますよー!(笑)

 

帰宅後は極力やわらかいソファーは避けましょう。座面がやわらかいとどうしても背中が丸くなってしまいます!食卓にあるような硬めの椅子に座るのがベストといえます!

 

理想的な座る姿勢

 

理想的な姿勢ってどのような状態なんでしょう?
日常生活の中でとる姿勢には、立っている状態と椅子などに座っている状態があります。

 

まずは立っている状態から。
側面から見たとき

 

  • 耳の穴
  • 肩の中央
  • 大転子
  • 股関節のやや前方
  • 足のくるぶし

 

が直線状に並ぶのが理想といえます!

 

次に座った姿勢をみてみましょう。

 

  • 耳の穴
  • 肩の中央
  • 大転子

 

が直線状に並ぶのが理想です!

 

どちらにおいても理想的な状態を保つためにはポイントとなる部位が一直線上に並んでいる必要があるんです!また、骨盤を立てておくための筋肉を鍛える必要もあります!一時的に姿勢を正すだけでは根本的な解決にはなりません!これは加齢とともに改善が難しくなってしまうので、できるだけ若いうちに行動しましょう!ちなみに私はまだまだ若いと思ってがんばってます(笑)おばあちゃんになってもまっすぐきれいな姿勢でいたいですからね!(笑)

 

まとめ

 

姿勢は健康にも影響を与えてしまいます。今のうちに、姿勢を改善しておけば、必ず老後もあなたの生活をさせてくれます!家族やヘルパーの負担軽減にもなりますし、健康寿命も伸ばしてくれます!なによりきれいな姿勢であり続けられることは自信にもつながります。人の目も気にせず胸をを張って歩けるようになり、周りから「あの人姿勢きれい!」なんて褒められることも当たり前になるかもしれませんよ?

 

 

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る