朝倉兄弟の明暗が分かれる?メイウェザーと闘う未来と強さを求める海

画像

 

参照: https://youtu.be/6fyKdbhCnLQ

 

6月14日にRIZIN公式YouTubeチャンネルにて行われた記者会見で、「メイウェザーVS朝倉未来」のエキシビジョンマッチが行われることが発表されました。

 

画像

 

参照: 「フロイド・メイウェザー vs. 朝倉未来」発表記者会見 2022.06.14

 

試合は9月に行われ、会場は未定となっています。

 

すでにかなり大きな話題となっているわけですが、この朝倉未来選手の決断には、懐疑的な意見を持っている人は少なくありません

 

強さを求める姿勢を見せている弟の朝倉海選手と方向性の違いが如実となり、この選択が今後の命運を分けるものとなる可能性もあると言えるでしょう。

 

この記事では、そんな「メイウェザーと闘う未来と強さを求める海の今後」について考察していきたいと思います。

 

 

 

朝倉未来の今後の展開を考察

 

それでは、まずは兄である朝倉未来選手の今後について考察していきましょう。

 

日本国内では抜群の知名度を誇る朝倉未来選手は、総合格闘家としても国内トップクラスの実力を誇ります。

 

RIZINでの戦績は10勝2敗と好成績を残していますが、まだチャンピオンになった経験はありません。

 

衝撃の失神負けを喫したクレベル・コイケ選手との再戦を目指していて、今年にはアメリカへの武者修行も経験しています。(肩の負傷により途中帰国)

 

朝倉未来という名前を世に広めた要因であるYouTubeチャンネルは、チャンネル登録者数242万人と格闘家の中では断トツの数字となっていて、その知名度ゆえに抜群の集客力を誇っています。

 

今年30歳となる朝倉未来選手は、かねてから「30歳で引退」と公言していましたが、クレベル・コイケ選手との再戦はもちろん、メイウェザーとの闘いによる知名度のUPを利用しマクレガーやそれ以外のUFC、ベラトールの強豪選手との試合も希望するなど、あと数年は格闘技を継続する可能性をほのめかしています。

 

 

ファンとの温度差

 

 

格闘家としての強さだけでなく、ビジネスセンスも併せ持つ朝倉未来選手は、多くのファンを抱えています。

 

しかし、この1~2年で少しずつファンとの温度差が現れてきているように思えます。

 

2021年に行われたストリートファイト企画や今回のメイウェザー戦など、総合格闘家でチャンピオンを目指すという方向性とは違った活動によって、「そういうのを求めていない」というファンが非常に多くなってきているのです。

 

YouTube上で見せる格闘家以外の面も魅力的ですが、ファンが見たいのはやはりRIZINで活躍する朝倉未来選手なのです。

 

今回のメイウェザー戦も、知名度を上げたりボクシングテクニックを上げて総合格闘技にも活かせるという発言をしていますが、ファンとしては総合格闘家としての強さを純粋に追い求め、クレベル・コイケ選手へのリベンジやRIZINのチャンピオン、UFC挑戦といったことを求めています。

 

メイウェザー戦後のクレベル戦で勝者になり、RIZINでチャンピオンになることができれば今回のメイウェザー戦も肯定的な意味を持たせることができますが、もしも年末の試合で惨敗するようなことがあれば、「メイウェザー戦なんかせずに総合格闘技に専念すれば良かったのに」という大きな批判を受けることになるでしょう。

 

このメイウェザー戦とクレベル・コイケ戦の勝敗次第で、朝倉未来選手の価値は大きく変わっていくはずです。

 

はたして朝倉未来選手は、両者に勝利し離れかけているファンを再び呼び戻すことができるのでしょうか?

 

 

純粋に強さを追い求める弟の朝倉海選手の今後を考察

 

画像

 

参照: https://youtu.be/g5AsjwnC4Sg

 

朝倉未来選手の弟である朝倉海選手も、RIZINのトップファイターです。

 

RIZINでの戦績は11勝3敗と好成績で、第3代RIZINバンタム級王者でもあります。

 

そんな朝倉海選手は、今年に入り1ヶ月間アメリカに格闘技の武者修行を行っています。

 

UFCの強豪選手(バンタム級6位のメラブ選手など)とのスパーリングを積極的に行い、まさに充実した武者修行となったようです。

 

チャンネル登録者数111万人を誇る自身のYouTubeチャンネルでもその武者修行の様子を数多く公開していて、どれも大好評となっています。

 

純粋に強さを求める海選手の動画は、かなり好評でとなっていて、格闘家としての今後にかなり期待ができる流れとなっています。

 

7月2日に行われるRIZIN.36にも参戦予定で、上手くいけば年内3連戦も可能で、今後UFCやベラトールへの参戦の可能性もあると言えるでしょう。

 

 

まとめ

 

今回は、「メイウェザーと闘う未来と強さを求める海の今後」について考察してきました。

 

現状では圧倒的に知名度が上なのは兄の朝倉未来選手ですが、メイウェザー戦やクレベル・コイケ戦の結果次第では一気にファンを減らし朝倉海選手の格闘家としての人気に負けてしまう可能性もあるでしょう。

 

今後この兄弟がどのような道を歩んでいくことになるのか、注目していきましょう。

 

 

 

 

 

この情報をシェアする

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 


このページの先頭へ戻る