NBAを彩るスターたちと次世代のスター候補

画像

 

アメリカを代表するスポーツの1つであるNBAは、これまでに多くのスーパースターを排出してきました。

 

マジック・ジョンソンにラリー・バード、バスケットの神様マイケル・ジョーダン、コービー・ブライアント、シャキール・オニール、アレン・アイバーソン、ティム・ダンカンなど、挙げればきりがないほどのスターが活躍してきました。

 

そして、2010年代でスターの座を獲得し、現代NBAのレジェンドとなった選手たちは現在もプレーを続けています。

 

しかし、彼らの年齢も30代半ばに差し掛かり、1つの時代が終わりに近づいているのも確かです。

 

この記事では、そんな「NBAを彩るスターたちと次世代のスター候補」について解説していきたいと思います。

 

 

30代半ばのNBAスーパースター

 

画像

 

どんなスポーツにも言えることですが、スーパースターは同じような年代に固まる傾向にあります。

 

いわゆる「黄金世代」というものです。

 

NBAも例外なくスーパースターが固まっている世代があり、それが今の30代半ばの年齢の選手たちなのです。

 

それでは、具体的に1人ずつ挙げていきましょう。

 

 

レブロン・ジェームズ選手

 

ロサンゼルス・レイカーズに所属するレブロン・ジェームズ選手は1984年生まれの37歳です。

 

すべてのスポーツを含めた長者番付でついに世界ナンバーワン(約163億円)となったレブロン・ジェームズ選手は、「キング・ジェームズ」と呼ばれています。

 

Instagramのフォロワーは1億人を超え、圧倒的なカリスマ性を誇りますが、何よりもそのプレーの凄さが際立っています。

 

「NBA史上最高の選手は誰か?」という議論でしばしばマイケルジョーダンと比較対象として挙げられるほどです。

 

過去4回のNBAシーズンMVPと1度の得点王、1度のアシスト王に輝いていて、NBA史上唯一「30,000得点、10,000リバウンド、10,000アシスト」を記録しています。

 

 

ステフィン・カリー選手

 

ゴールデンステート・ウォリアーズに所属するステフィン・カリー選手は、1988年生まれの34歳です。

 

世界のスポーツ選手長者番付で6位(約111億円)になるなど、世界的なスーパースターとなっています。

 

ステフィン・カリーは「バスケットというスポーツを変えた選手」と言われています。

 

それまで派手なダンクシュートやダブルクラッチなどゴール付近のプレーが花形でしたが、「3Pシュート」をオフェンスの花形プレーに押し上げ、NBAのオフェンスに革命を起こしたのです。

 

過去に2回の得点王、2回のシーズンMVPを獲得しています。

 

 

ケビン・デュラント選手

 

ブルックリン・ネッツに所属するケビン・デュラント選手は、1988年生まれの33歳です。

 

世界のスポーツ選手長者番付で7位(約110億円)になるなど、カリー選手と同世代のスーパースターです。

 

サイズも208㎝と大きく、パワーも十分であるため派手なダンクなども得意ですが、シュートも非常に正確で、シュートレンジもかなり広いという特徴もあります。

 

スピードも非常に早く、弱点が見当たらないパーフェクトに近い選手なのです。

 

過去42回の得点王、1回のシーズンMVPを獲得しています。

 

NBA史上最高のスコアラーとも言われています。

 

 

ジェームズ・ハーデン選手

 

フィラデルフィア・76ersに所属するジェームズ・ハーデン選手は、1989年生まれの32歳です。

 

カリー選手やデュラント選手たちと同世代であり、世界のスポーツ選手長者番付で9位(約98億円)になるなど、NBAのスーパースターとして長年君臨しています。

 

NBAの得点王(3回)とアシスト王(1回)、MVP(1回)という輝かしい成績を残しています。

 

ひげをたくわえた個性的な風貌もさることながら、ユーロステップやステップバックを使った3Pシュートは圧巻の一言です。

 

 

NBAの次世代の顔は?

 

ここまで挙げた4人のスーパースターは、すでに30代半ば(レブロン・ジェームズ選手は30代後半)に差し掛かっていて、選手としてのトップフォームはあと数年でしょう。

 

あと3年もすれば、得点王やアシスト王、MVP争いとは無縁な状態になっているはずです。

 

この世代のスーパースターたちが主役を降りた時、次の主役となる選手たちが出てこなければNBAは衰退していってしまいます。

 

それでは、NBAの次世代の顔となる選手は誰なのでしょうか?

 

現時点(2022年7月現在)考えられる選手としては、以下の選手たちが挙げられます。

 

 

  • ヤニス・アデトクンボ選手
  • ルカ・ドンチッチ選手
  • トレー・ヤング選手

 

 

これらの選手たちは、すでにNBAでもトップクラスの実力を持っていて、今後スーパースターとして活躍していくはずです。

 

 

まとめ

 

今回は、「NBAを彩るスターたちと次世代のスター候補」について解説してきました。

 

レブロン・ジェームズ選手やステフィン・カリー選手、ケビン・デュラント選手、ジェームズ・ハーデン選手といったスーパースターが30代半ばになっている現状からすると、そろそろ世代交代の波がやってきてもおかしくありません。

 

次世代のスター候補の中から誰が次世代の顔になるのでしょうか?

 

今後も世界のバスケットボールファンを魅了するNBAに注目していきましょう。

 

 

 

 

 

この情報をシェアする

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 


このページの先頭へ戻る