副業の王道、WEBライターで月に5万円稼ぐ方法

副業の王道、WEBライターで月に5万円稼ぐ方法

WEBライター

 

副業を認める企業が増えてきたことによって、多くの人が副業を始めている現代において、誰でも気軽に始められるのが「WEBライター」です。

 

WEBライターとは、その名の通りWEBに掲載されるブログやサイトの記事に特化したライティングのことで、様々なジャンルでWEBライター達が活躍しているのです。

 

そんなWEBライティングで月に5万円以上稼ぐためには、正しい手順を踏みながらも確かなスキルを身に付けていく必要があります。

 

ただ闇雲に仕事をこなしていくだけでは、月に5万円以上を稼ぐことは難しいのです。

 

この記事では、そんな「WEBライターの副業で月に5万円稼ぐ方法」について解説していきたいと思います。

 

 

WEBライターは副業に最適な仕事

 

副業に最適

 

文章を書くという作業は、ほぼすべての日本人が経験済みであり、新聞や文庫本、ネット記事といった媒体の文章を日頃から読んでいる人にとって「WEBライティング」は比較的難易度の低い副業だといえます。

 

WEBライターが副業に最適な仕事である理由としては、「自分の好きな時間、好きな場所で作業することができる」ということ。

 

これは、アルバイト副業などとは違う大きなメリットの一つといえます。

 

本業から帰ってきて夕飯とお風呂を済ませてから寝るまでの間に行うのも良いですし、仕事の休憩時間に記事の大枠だけでも決めてしまうこともできます。

 

また、スマホのメモ機能やボイスメモ機能を使えば、世界中どこにいても仕事ができるので、ライティングは副業という限られた時間を使う仕事としてうってつけなのです。

 

 

クラウドソーシングサイトを利用する

 

クラウドソーシングサイト

 

WEBライターという言葉がここ数年でメジャーになりつつある日本では、ライティングに興味を持っている人が非常に多く存在します。

 

しかし、実際にWEBライターとして稼ぐにはどうすれば良いかわからない人もいるでしょう。

 

まず、初めてWEBライターの副業を始めるという人は、「クラウドソーシングサイト」に登録して、自分がどんな人物で、どんな文章を書くことができるのか登録する必要があります。

 

ネットでは、多くのクラウドソーシングサイトが存在しますが、どのサイトも登録無料なので、怖がらずに登録していきましょう。

 

ここでは、特に有名なクラウドソーシングサイトをいくつかご紹介しましょう。

 

クラウドワークス


 

ココナラ


 

ランサーズ


クラウドソーシング「ランサーズ」

 

というようなサイトに登録することで、WEBライターとしての仕事を行えます。

 

こういったクラウドソーシングサイトでは、「タスク形式」「プロジェクト形式」という2つの仕事の仕方があります。

 

タスク形式は、特にクライアントとのやり取りもなく、決められた文字単価や文字数、テーマなどに沿って記事を書き、承認されれば報酬を得ることができる仕事のこと。

 

対する「プロジェクト形式」では、クライアントと直接やり取りを行い、文字単価や文字数、テーマ、記事内容といったことを取り決めて作業を行う仕事のことです。

 

初めてWEBライティングをするという人であれば、文字単価は低いですがタスク形式で経験を積んだりスキルをUPさせることから始めるのがおすすめです。

 

 

WEBライティングで月に5万円稼ぐために必要なこと

 

画像

 

WEBライターとして月に5万円以上稼ぐためには、クラウドソーシングサイトでの実績やスキルを上げることがまず前提にあるといえます。

 

テーマに沿った「自分の思ったこと」を単純に文章にしていくのではなく、クライアントが求めるクオリティーや構成でライティングしていくことが求められます。

 

ある時は「テーマについての問題提起からその問題を解決するための方法」という流れで記事を作成しますし、ある時は「特定の商材についてのメリットデメリット、どんな人におすすめなのか」を様々な切り口で作成していきます

 

月に1万円程度であれば、クラウドソーシングのタスク形式をある程度の本数こなしていけば達成できますが、5万円以上となるとなかなか難易度が難しくなります。

 

ますはクラウドソーシングサイトの自己紹介に、自分の得意なジャンルをしっかりと明記し、他のライターと違うストロングポイントも記すことで、受注数を増やしていきます。

 

受注数を増やすことができれば、あとは一つ一つの依頼を「高クオリティーでスピーディー」にこなしていけば、多くのリピーターを獲得することができるのです。

 

実績やスキルが上がってきたら、少しずつクライアントに単価交渉していき、1文字1円以上で受注できる状態を作りましょう。

 

 

まとめ

 

今回は、WEBライターの副業で月に5万円稼ぐ方法について解説してきました。

 

WEBライターはどんな時でも、どんな場所でもできる副業に最適な仕事ですが、月に5万円以上稼ぐためには正しい手順、確かなスキルが必要になります。

 

まずはクラウドソーシングサイトに登録し、タスク形式で経験とスキルをUPさせながら、少しずつプロジェクト形式で大きな金額を稼ぐようにしていくのがベストといえるでしょう。

 

ぜひこの機会に、WEBライターを始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る