ディズニー有料ショッピングバッグ2020のデザインは?エコバッグについても!

ディズニー有料ショッピングバッグ2020のデザインは?エコバッグについても!

画像

 

7月にレジ袋の有料化が始まってから、早くも2ヶ月が経過しました!みなさんはお買い物の時にエコバッグを持参していますか??

 

レジ袋の有料化といえばすでに多くのお店が導入していますが、ディズニーランド&ディズニーシーでも10月からレジ袋の有料化が始まるというニュースが流れてきました!

 

今回の記事では、2020年10月1日からスタートする、ディズニーランド&シーの有料のレジ袋について調査していきたいと思います!

 

 

この記事でわかること

 

  • ディズニー有料レジ袋2020のデザインや値段は?
  • ディズニーエコバッグのデザインは?
  • ディズニーの有料袋へのみんなの反応は?

 

 

ディズニー有料レジ袋2020のデザインや値段は?

 

2020年10月1日(木)から、ディズニーランド・シーで提供されるレジ袋(お土産袋)が有料となります!

 

10月からは2種類のお土産袋が用意され、値段は一律20円(税込)!

 

通常のお店のレジ袋が3~5円なのに対して、ディズニーの袋は割高なんですね(゚ω゚)

 

10月1日の有料化に伴い、お土産袋のサイズとデザインも新しくなります。そのデザインがこちら!

 

ディズニー有料レジ袋

 

 

サイズは

 

  • ヨコ290×タテ460mm
  • ヨコ530×タテ570×マチ90mm)

 

となっています!

 

これらのお土産袋の他、レストラン施設などで提供する袋についても有料となります。

 

オリエンタルランドグループでも、他の企業と足並みを揃え、環境に配慮するため使い捨てレジ袋の削減を進めるんだとのこと。

 

ディズニーランド&シーでのショッピングでは、可愛いお土産袋がもらえるのもひとつの楽しみだったのに、ちょっと残念な気もします(´・_・`)

 

 

ディズニーエコバッグのデザインは?

 

レジ袋の有料化に先駆けて、ディズニーランド・シーでは、エコバッグの販売も始まっています!

 

 

↑こちらはお値段500円で、折りたたんで持ち運ぶこともできるグッズです!

 

 

サイズ:

 

  • 広げた状態:縦約42cm×横約38cm
  • 畳んだ状態:縦約15cm×横約15cm

 

上記のエコバッグが、東京ディズニーリゾートで販売されているものですが、ディズニーのキャラクターが描かれたエコバッグにはさまざまな種類のものがあります!

 

事前にお気に入りのバッグを買い揃えて、持参してもいいかもしれませんね!

 

 

 

携帯に便利なショッピングバッグ。このディズニーシリーズには、他では見当たらないオリジナル柄を使用。キャラクターメインのものから、ミッキーがさりげなく柄の中に入り込んでいるものまで、タイプの違うデザインが楽しめます。ミッキーたちといつでも一緒にいられる、とても可愛いバッグです♪

 

 

ディズニーの有料袋へのみんなの反応は?

 

画像

 

筆者のように、「ディズニーのお土産袋もディズニーの醍醐味なのに!」と思った方も多いのではないでしょうか??

 

twitterではどんな声があがっているのか、調べてみましたが、やっぱり悲しむ人が多かった印象です。

 

ディズニーでマイバックはなんか世界観が!

 

ディズニーでスーパーの袋とかにお土産入れてる人見たら興ざめじゃない??

 

これでディズニー行ってその辺のスーパーのレジ袋やら他社のキャラクターが入った袋やらを使って持ち歩いてる人がいたら萎えるよな…

 

お土産を自分たちとかで詰めさせたら何時間もレジに並ぶことになりそう。

 

あの袋も一種の楽しみなのに....

 

今まで配る用とかで沢山袋貰ってたのにあれ1枚1枚買うとか

 

夢の国なのになんか現実すぎてやだ…

 

twitterより

 

確かに夢の国なのに、現実を感じてしまいますね、、、笑

 

しかしながら、環境問題も私たちが向き合わなければいけない重要な課題であるはず!

 

ここは悲しい気持ちをぐーっと我慢して、みんなで足並み揃えていきたいところですね^^

 

夢の国感はこわさないよう、可愛いショッピングバッグを事前に用意し気分をあげるのもいいでしょう♩

 

 

まとめ

 

ディズニーランド&シーでは、お土産袋が10月1日から1枚20円に!

 

残念な気もするけど、環境問題のために足並み揃えて協力しよう!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る