山下智久(山P)出演のハリウッド映画は何?海外ドラマも気になる!

山Pこと、山下智久さんがジャニーズ退所するというのが大きな話題になっています!なんでも、今はハリウッド映画の撮影をしているんだとか。

 

今回は山Pのジャニーズ退所と、出演するハリウッド映画について、調査していきたいと思います!

 

 

この記事でわかること

 

 

 

山Pジャニーズ退所理由は?

 

画像

 

山Pがジャニーズを退所することについては、「週刊文春」の報道で明らかになりました。

 

ここ最近、ジャニーズを退所するタレントさんが本当に多いですね。今年は嵐が活動休止になりますし、元NEWSの手越祐也さんやTOKIOの長瀬智也さんの退所についても、大変な話題となりました!

 

そして、ジャニーズの中でもトップクラスのスターとも言える山Pの退所。。。「今後のジャニーズは大丈夫なのだろうか・・・」と心配になってきてしまいます。これまでジャニーズを引っ張ってきたタレントさんたちがこんなにも次々にやめていくことには、やっぱりジャニさんの他界が大きな影響を与えているのでしょうか?

 

さて、今回このタイミングで山Pがジャニーズを対処される理由については、大きく二つの理由があるようです。

 

  • 「俳優でも歌手でもグローバルに活躍したい」という本人の意向
  • 8月に報道された、女子高生モデルとのスキャンダル

 

元々山P自身は、グローバルに活躍したいとの意向からジャニーズを退所したいと考えていたようで、すでに事務所と話し合いを行い、来年(2021年)3月の退所ということで一度は合意していたようです。

 

しかし今年の8月に女子高生モデルとのスキャンダルが報道されたことで、山Pは活動自粛処分を受けました。そして、なんとこの活動自粛期間中に、ハリウッド映画の出演オファーが届いたんだとか。

 

しかしながら事務所に所属する身としては、その期間が明けないと活動ができません。

 

チャンスを逃したくないと考えた山Pは、10月末で退所することを事務所に伝え、事務所もそれを承諾し、撮影地のカナダに旅立ったのだそう。

 

 

 

 

山Pが出演するハリウッド映画や海外ドラマは?

 

画像
https://ja.wikipedia.org/wiki

 

さてここで気になるのが、「山Pは一体何の映画に出演するのか?」ということ。

 

しかし残念ながら、今のところ山Pが出演する作品に関する情報は明らかになっていません。

 

ちなみに、これまでにも山Pは様々な海外作品に出演されています。

 

最近では、Huluオリジナル作品の「THE HEAD」に出演していましたよね。ヨーロッパ最大級の制作会社である THE MEDIAPRO STUDIOが主導した日欧共同製作の大型国際連続ドラマで、世界30の国と地域で同日公開されました。

 

日本人俳優は山Pのみというキャストで、もちろんセリフや撮影の現場は全て英語です。

 

 

 

また、この他にも、2018年には中国・香港の合作映画「サイバー・ミッション」に出演されていました。

 

 

 

今回ハリウッドから声がかかったということは、これらの作品の中での山Pの実力が評価されたということではないでしょうか?

 

日本人俳優が海外進出する際、どんなに演技が上手でも、克服できない日本語なまりの英語が邪魔をするんだというのを、昔誰かがテレビで言っていた記憶があります。そういう境遇の中でも、オファーがくるというのは、本当にすごいことですよね。演技力も、英語力も評価されているということでしょう

 

yahooニュースによると、ハリウッド映画の他にも「ハリウッドの人気監督が手がける海外ドラマへの出演も決まっている」のだそう。

 

今後は海外を拠点に活動を本格化されていく模様です!

 

 

みんなの反応は?

 

画像

 

 

「応援したい」という声もありますが、「寂しい!」という反応が多いように感じます。ずっと近くで応援してたのに、急に遠くに行ってしまった感じは確かに否めません。

 

しかしながら、これからはもっと活動の場を広げ、ますます活躍されていくことと思います。山P出演のハリウッド映画は、きっと日本でも公開されることでしょう!海外で頑張る山Pの姿を見られる日を楽しみにしておきましょう♩

 

 

まとめ

 

  • 山Pジャニーズ退所理由は、海外で活動したいという本人の希望と、女子高生とのスキャンダルが重なったタイミングで、ハリウッドからオファーが来たことがきっかけ。
  • 山Pが出演するハリウッド映画や海外ドラマについての情報は、まだ公開されていない。

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

このページの先頭へ戻る