家の窓ガラスに貼るだけで防災、防犯、遮光効果を得られる「ガラスフィルム」という選択肢

防犯

 

生活をしている中で、「外部からの影響」が生じることは多々ありますよね。

 

人間関係もそうですし、社会的な影響などもあります。

 

そして、もっと直接的に影響を及ぼす「災害」や「犯罪」などに巻き込まれる可能性も近年増えていますし、紫外線量の増加によって外に出るだけでもダメージを負ってしまうものです。

 

どういった災害や犯罪、紫外線などは家にいる時でも影響を受ける場合があるので、家の防御を高める意味でも何かしらの対策を講じるべきだと言えます。

 

おすすめは、「家の窓ガラスにフィルムを貼る」という選択肢です。

 

この記事では、そんな家の窓に貼るだけで様々な効果を得られる「ガラスフィルム」という選択肢について解説していきたいと思います。

 

 

 

家の窓ガラスにフィルムを貼るだけで様々なメリットを得られる

 

ガラスにフィルム

 

家の窓ガラスにフィルムを貼るという行為は、自分自身でも実践することができますよね。

 

確かに素人が貼り付ければ多少よれてしまったりといったことはあるかもしれませんが、その効果は十分に得られるはずです。

 

具体的にどのような効果を得ることができるかというと、「防災対策」「防犯対策」「遮光対策」が可能となります。

 

「フィルムを貼るぐらいじゃそれほど高い効果は得られないのでは?」と考える人も多いかもしれませんが、実際に家の防御力は格段に上がると言っても過言ではありません。

 

それでは、それぞれの効果を具体的に挙げていきましょう。

 

 

防災効果

 

 

ガラスフィルム 窓 目隠しシート 台風 対策 断熱 遮光 遮熱 飛散防止 はがせる 紫外線カット 窓 目隠しフィルム 装飾フィルム 曇りガラス 西日対策 結露防止 プライバシー対策 ステンドグラス 透明 UVカット フィルム シート 日よけ 窓ガラス フィルム【takumu】

 

近年の日本では災害が多くなってきていますし、その災害の大きさも一昔前よりも甚大になってきている印象を受けます。

 

台風や地震の影響で家の窓ガラスが割れると、二次被害の可能性も高まりかなり危険な状況となってしまいます。

 

しかし、家の窓ガラスの防災フィルムを貼っておけば、ガラスの強度事態を高めることもできますし、もしも強い衝撃が加わり割れてしまう場合でも、ガラスの破片などが飛散しないようにできるのです。

 

災害によって家の中にガラスの破片が散らばってしまえば、住人の怪我のリスクはかなり高くなってしまいますし、外からの雨風も直接入り込んでしまいます。

 

そういった意味でも、ガラスの防災フィルムを貼るという対策は非常に効果的だと言えるです。

 

 

防犯効果

 

 

防犯 窓 ガラスフィルム 防犯 フィルム ガラス破り 防止シート 凹凸ガラス専用防犯フイルム 680ミクロン A3 2枚 空き巣 対策 グッズ

 

近年では、家や会社、商業施設などのセキュリティー面が飛躍的に向上したこともあり空き巣などの「侵入犯罪」は減少傾向にあります。

 

しかし、何の防犯対策も取っていない家庭などでは、まだまだその被害は多いのが現状となります。

 

侵入犯罪は、施錠していなかったことによる被害が最も多いのですが、その次に多いのは「窓ガラスを割って侵入される」という被害です。

 

そして、そんな窓ガラスを割っての侵入を簡単に防ぐのが、「防犯フィルムを窓ガラスに貼る」という方法なのです。

 

「フィルムを貼ってもバールなどを使われてしまったら簡単に割られてしまうのでは?」と疑問を持つ人もいるかもしれませんが、実際にフィルムを貼るとそのガラス強度は飛躍的に向上します。(製品の質によりその強度に違いあり)

 

そして、ただガラスの強度が上がるだけでなく、割るまでの時間が通常の倍以上必要となる為、犯罪者側が見つかるリスクを避けて犯罪行為を行わなくなるという利点もあるのです。

 

フィルムが貼ってあるかどうかは目視でわかりますから、「あ、この家は防犯フィルムを貼っているな」とわかれば割って侵入しようとならないのです。
(「防犯対策を行っているということは、防犯フィルム以外の対策を講じているかもしれない」と思わせる効果もあります)

 

 

遮光効果

 

 

送料無料 窓 目隠し シート 90cm×200cm ガラスフィルム 窓用フィルム 目隠しシート マジックミラーフィルム 断熱 紫外線カット 単方向透視 飛散防止 プライバシー保護 防災 防災  結露防止 猛暑対策 貼り直すOk 外からの視線もう気にならない! 【HomPa_d19】

 

近年の日本で(世界中もしかり)問題となっているのが「強烈な紫外線」です。

 

オゾン層の破壊によりここ数十年で降り注ぐ紫外線量は一気に上昇しています。

 

紫外線を長期間浴び続けると、肌のシミが増えてしまうのはもちろん、目や髪などにも悪い影響を及ぼしますし、癌などの病気の発症を誘発してしまう可能性も高まります。

 

そして、非常に怖いのが、外出している時だけでなく「家の中にいる時でさえ紫外線を大量に浴びている可能性がある」ということです。

 

最近の住宅は、家の射光を高める為に窓の大きい設計で建てられているケースが多く、家の中にいても紫外線を浴びやすい環境となっています。

 

更に、紫外線は壁に反射して人体に影響を及ぼすので、家の中にいてもかなりの量の紫外線を浴びてしまっているのです。

 

もちろん、外出時の日焼け止め(UVカット)を使用するのは重要ですが、家の中にいる時も何かしらの紫外線対策を取った方が良いと言えるのです。

 

そこでおすすめなのが「UVカットフィルム(遮光フィルム)を貼る」という方法です。

 

家の窓にこのフィルムを貼ることで、一気に紫外線を浴びる量を減らすことができるのです。

 

 

まとめ

 

今回は、家の窓に貼るだけで様々な効果を得られる「ガラスフィルム」という選択肢について解説してきました。

 

ガラスフィルムでの防災や防犯、遮光対策は、「たかがフィルム」と感じる人もいるかと思いますが、、「されどフィルム」とも言えるのです。

 

これらのフィルムは、ホームセンターなどでも販売していますし、専門の業者に依頼して貼り付けてもらうことも可能です。

 

また、すべての効果を兼ね備えたフィルムを貼ることができれば、一石二鳥ではなく一石三鳥にもなることでしょう。

 

ぜひこの機会に窓ガラスにフィルムを貼って家の防御力を高めてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


このページの先頭へ戻る