恋です!(ドラマ)の年齢設定が気になる!ユキコと黒川は何歳?

10月になり、新しいドラマがスタートしていますね!

 

数あるドラマの中でも、
筆者が今注目しているのが、

 

水曜夜10:00〜放送の
『恋です!ヤンキー君と白杖ガール』。

 

10月6日に放送された第一話が
早速話題になっています。

 

ドラマを見ながら多くの人が気になったことが、

 

「主役の2人は一体何歳の設定なの??」

 

ということ。

 

今回の記事では、
ヒロインの赤座ユキコと、
そのお相手の黒川森生の
ドラマでの年齢設定について
まとめていこうと思います!

 

画像

 

 

この記事でわかること

 

 

 

「恋です!」原作での年齢設定は?

 

画像

 

参照: https://www.ntv.co.jp/yangaru/

 

ドラマ『恋です!』の原作は、
「うおやま」さんという漫画家さんによる
4コマ漫画作品です。

 

これは、2018年6月から
漫画投稿サイトで自主掲載が開始されたもので、

 

4コマ漫画でありながら、
ほとんどの話が4コマでは完結しないで続く
いわゆる「ストーリー4コマ」と呼ばれる作品。

 

弱視である女子高生の赤座ユキコと
ヤンキーの黒川森生との恋愛物語です。

 

 

原作の赤座ユキコの年齢設定は16歳。

 

そして、黒川森生の年齢は18歳。
高校を中退し、無職の設定となっています。

 

 

恋です!ドラマでのユキコの年齢設定は?

 

 

ドラマの登場人物についての詳細は
番組の公式サイトの相関図から
チェックすることができます!

 

https://www.ntv.co.jp/yangaru/chart/

 

しかしながら上記の公式サイトには、
登場人物の細かい年齢設定までは
紹介されていませんでした。

 

さらに第一話を見た限りでは、
2人の年齢に言及する場面もなかったので、
気になった人が多かったようですね。

 

  • 何歳役? #恋です
  • 二人とも今何歳設定なんだっけ。#恋です
  • 何歳何歳の設定? #恋です

 

twitterより

 

 

筆者もドラマを見ながら
年齢についてかなり気になっていました!

 

上記に引用した番組の公式ツイッターによると、
ユキコは盲学校高等部3年生という設定のようです。

 

ところで盲学校というのは、
視覚に障害のある児童・生徒に対して、
幼稚園・小学校・中学校・高校に準ずる教育が行われ、
あわせてその障害を補うために必要な知識・技能を授ける学校です。
(参考:コトバンクより)

 

盲学校の高等部3年生ということは、
17歳または18歳と解釈してよいのではないでしょうか?

 

 

ちなみに、ドラマでユキコを演じる
杉咲花ちゃんの実際の年齢は24歳です。

 

杉咲花ちゃんは身長も小柄ですし
お顔も童顔で可愛らしいので、
高校生役でも十分ハマりますね!

 

 

恋です!ドラマでの黒川の年齢設定は?

 

 

黒川の年齢設定も、
公式サイトには紹介がありません。

 

そして、彼の年齢に関しては
公式ツイッターも紹介されていませんでした。

 

さらにドラマの中でも
具体的な年齢紹介はありませんでした。

 

 

さて、ここで原作の話に戻りますが、
原作ではユキコが16歳の設定に対して
黒川は18歳の設定でしたね。

 

原作と同じ年の差設定ならば、
ユキコが高等部3年生(17~18歳)に対して、
黒川は19~20歳の設定ということになります。

 

 

そして、ドラマの第一話の中では、
ユキコが黒川を探すシーンで

 

「20歳くらいの男性を探してるんですが...」

 

とすれ違う人たちに尋ねるシーンがありました。

 

 

これらを踏まえても、
黒川のドラマでの年齢設定は
19~20歳と考えるのが妥当ではないかというのが
筆者の解釈ですが、いかがでしょう??

 

ちなみに、
黒川を演じる杉野遥亮さんの実際の年齢は
26歳です。

 

実際の年齢とギャップがあるように見えるものの、
黒川を演じる杉野遥亮さんは
あどけない表情と話し方がかわいらしい印象で
役にぴったりハマっていましたよね!

 

ユキコに一途な役柄も好印象で、
第一話でテレビの前の女の子たちの心を掴んだこと
間違いないでしょう^^

 

 

まとめ

 

  • 恋です!原作での年齢設定は、ユキコ16歳、黒川18歳。
  • 恋です!ドラマでのユキコは盲学校高等部3年生!(17~18歳)
  • 恋です!ドラマでの黒川の年齢はおそらく19~20歳!

 

2人の恋の行方がどうなるのか、
第二話以降も楽しみですね!

 

それでは、最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

このページの先頭へ戻る