ガキ使休止も追い風?2021年大晦日の格闘技(RIZIN)が盛り上がる理由

画像

 

毎年恒例となっている大晦日に行われる格闘技(RIZIN)ですが、今年は特に大きな盛り上がりを見せそうな予感があります。

 

今年の紅白歌合戦は久しぶりに有観客での放送となることが決まっているので、視聴率的にはまだまだ勝てないと思われますが、若年層を中心に「格闘技(RIZIN)を観る」という人も多くなるはずです。

 

その理由としては、この1年で知名度を更に上げたスターたちが大勢参加する予定だからです。

 

そして、注目の那須川天心選手の対戦相手によっては、瞬間最高視聴率で紅白歌合戦すら上回ってしまう可能性があります。

 

なぜそこまで盛り上がる可能性が高いのか?

 

この記事では、そんな「2021年大晦日の格闘技(RIZIN)が盛り上がる理由」について解説していきたいと思います。

 

 

 

「ガキ使」休止で大晦日は紅白と格闘技の一騎打ちに

 

画像

 

参照: 日刊スポーツ

 

 

日本で大晦日の夜に観るテレビと言えば、「紅白歌合戦」という人が多いかと思いますが、「ガキの使いやあらへんで」と答える人もかなりに多いはずです。

 

2006年から大晦日に長時間放送されるようになり、「笑い納め」の番組として抜群の存在感を示していました。

 

しかし、新型コロナウイルスの影響や「痛みや苦痛を伴う笑いを対象とするバラエティ」という番組内容自体が時代的にも厳しくなってきていて、メンバーの高齢化もあり今回休止に至ったのです。

 

超人気番組であったガキ使が放送されないとなると、格闘技(RIZIN)に視聴者が流れる可能性が高まってくるはずです。

 

そんな追い風にピッタリと合わせるように、人気と実力を兼ね備えたスター選手たちが大晦日の大会に出場する予定となっているのです。

 

 

那須川天心、朝倉未来、朝倉海などスター選手がズラリ!

 

画像

 

参照: https://www.fujitv-view.jp/article/post-226423/

 

2021年の大晦日に行われる格闘技(RIZIN)のイベントには、知名度抜群のスター選手が大勢参加予定となっています。

 

さいたまスタジアムで行われる予定ですが、イベントの入場規制が緩和されたので、15,000人を超える観客が入り盛り上がるのは間違いなさそうです。

 

 

最大の注目は那須川天心選手の対戦相手

 

「神童」と呼ばれ公式戦40戦無敗と圧倒的な強さを持つ那須川天心選手ですが、残り2戦でボクシングへの転向することが決まっています。

 

年が明けてから行われる最終戦は、RISEでの試合となっているため、RIZINではこの大晦日の試合が最後となるのです。

 

2度とRIZINで観られない注目の一戦というだけでも話題となりますが、その対戦相手によっては「世紀の一戦」ともなり得ると言われています。

 

それが「那須川天心VS武尊」という超ドリームカードです。

 

何年も前から本人たちも格闘技界全体も期待している対戦カードですが、団体の壁や武尊選手の拳の怪我などもあり実現できずにいます。

 

キック最高峰の「K-1」という団体のスーパーエース(40勝1敗)である武尊選手は、日本人で唯一「那須川天心に勝てる可能性がある選手」であるため、もし実現すれば確実に伝説的な試合となるはずです。

 

2021年11月6日現在では、残念ながらその可能性は低くなってしまったと言えるのですが、もしもサプライズでこのビッグマッチが発表されるようなことがあると、紅白歌合戦すら視聴率で超えてしまう可能性もあり得ると言えるでしょう。

 

もしも武尊選手と試合が実現しなかったとしても、那須川天心選手のRIZIN最終戦ということで大きな話題となるのは間違いないはずです。(対戦相手によっては相当盛り上がるはず)

 

 

格闘技を再びメジャーに引き上げた朝倉未来選手の試合

 

近年の格闘技界は、前述した那須川天心選手や武尊選手、ボクシングの井上尚弥選手といった圧倒的な強さを誇る格闘家が現れたことで必然的に格闘技界の注目度は上がりましたが、現在の注目度を作り上げた主役と言えばやはり朝倉未来選手でしょう。

 

自信が持つYouTubeチャンネルは驚異の196万人(2021年11月6日現在)となっており、その知名度は格闘技界において別格の領域に入っています。

 

近年2度敗戦してしまったことによってカリスマの人気は地に落ちたかと思わせましたが、敗戦までも物語を盛り上げるためのスパイスにしてしまったのです。

 

それまで練習をあまり行わず自身の才能だけで戦ってきたそのスタイルを変更し、トレーナーを複数雇い本格的なトレーニングを開始。

 

敗戦後初の試合となった萩原京平選手との闘いを圧倒的な実力差で制し大晦日の試合に臨むことになります。

 

 

朝倉未来の弟にしてトーナメントの優勝候補である朝倉海選手

 

大晦日の格闘技(RIZIN)のイベントでは、「RIZINバンタム級トーナメント」の準決勝と決勝が行われます。

 

朝倉未来選手の弟でもあり、自身も圧倒的な人気と実力を誇る朝倉海選手は、このトーナメントの優勝候補筆頭なのです。

 

トーナメント2回戦では、勝利したものの拳を骨折してしまうアクシデントがありましたが、無事に回復。

 

優勝するためには1日2試合行いどちらも勝利しなければならない為かなりハードな戦いとなりますが、必ず盛り上がる試合となることでしょう。

 

 

まとめ

 

今回は、「2021年大晦日の格闘技(RIZIN)が盛り上がる理由」について解説してきました。

 

ガキ使が休止となり紅白歌合戦との一騎打ちとなることが予想される格闘技(RIZIN)ですが、多くのスター選手が参戦する予定であることからも、確実に大盛り上がりとなることでしょう。

 

ぜひ今年の大晦日は、格闘技を観て楽しみましょう。

 

 

 

 

 

この情報をシェアする

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 


このページの先頭へ戻る