人生で成功したいなら最高の睡眠ができる環境を作るべし

画像

 

人生で成功せるには、何が必要でしょうか?

 

「人よりも優れたスキル」

 

「誰も思いつかないようなアイデア」

 

「失敗を恐れぬ行動力」

 

多くの人が、そんな「他の人が持っていない何か」を手に入れるために日々努力しています。

 

しかし、努力をするだけでは成功が約束されないのが人生の面白いところです。

 

人生で成功を収める為には、「最高のパフォーマンスで努力し続ける」ことが重要なのです。

 

そのために必要となるのが「睡眠」です。

 

この記事では、そんな「人生で成功するための睡眠環境」について解説していきたいと思います。

 

 

睡眠がもったいないという人は多い

 

画像

 

多くの人は、1日24時間の中で1/4もしくは1/3に当たる6時間から8時間の睡眠をとっているかと思います。

 

「成功したい」と願っている人たちは、「睡眠時間がもったいない」という考えから、それまでの睡眠時間をどんどんと短くしていく傾向があります。

 

特に近年では、「ショートスリーパー」と呼ばれる、1日の睡眠時間が6時間未満でも健康維持できる人が話題となることが多いですよね。

 

確かに、睡眠時間を短くすることができれば、その削った時間を夢への活動に当てることができるので、成功を手にする確率は上がるように思えます。

 

最近では、「ショートスリーパーになる方法」といった動画や書籍が溢れかえっていますが、実際に睡眠時間が短くても健康維持できる人は、1%未満だと言われているのです。

 

多くの人が、ショートスリーパーなろうと挑戦し、実際に睡眠時間を削っていますが、残念ながらその中のほとんどの人は「健康を維持できない状態」なのです。

 

年齢が若いうちは体の無理も利くので、無理やりショートスリーパーになったとしても、身体への直接的な影響は現れないかもしれませんが、10年後20年後には少なからずその代償は体に現れてくるでしょう。

 

さらに、ショートスリーパーではないのに、睡眠時間を削る人は、「自由な時間は増えるがパフォーマンスは落ちる」という傾向にあります。

 

睡眠時間が足りていないために、どうしてもパフォーマンスレベルは低下してしまうのです。

 

 

最高の睡眠をすれば、翌日に最高のパフォーマンスができる

 

画像

 

人生で成功を手に入れたいのならば、もったいないと思っていた「睡眠」を十分に取ることです。

 

しかし、単純に多くの睡眠を取れば良いというわけではありません。

 

重要なのは、「最高の睡眠をする」ということ。

 

最高の睡眠をすることができれば、翌日のパフォーマンスレベルは極めて高くなり、人と同じ時間だけ努力したとしても、その成果は大きな差が出るのです。

 

 

具体的な「最高の睡眠」の方法としては、

 

  • 自分にとってのベストな睡眠時間
  • 起きた時に体が痛くならない寝具を用意する
  • しっかりと湯船に浸かり、出てから30分後から1時間後には布団に入る
  • 睡眠をする10分前に一度窓を開けて換気をする
  • 睡眠をするに20分前に「シャットダウンリチュアル」を行う

 

というようなことが挙げられます。

 

この中で特に重要なのが、「睡眠痩せる10分前に一度窓を開けて換気をする」ことと、「睡眠をする20分前にシャットダウンリチュアルを行う」ということです。

 

寝る前に一度窓を開けて換気をすると、部屋の二酸化炭素濃度が薄まります。

 

睡眠中に二酸化炭素の濃度が高いと、翌日の目覚めも悪く集中力やパフォーマンスレベルが低下してしまうので、換気することで部屋の二酸化炭素濃度を薄くするのです。

 

そして「シャットダウンリチュアル」については、自分の脳に「今日はもう終わり」ということを認識させるために「終わりの儀式」を習慣化するのです。

 

シャットダウンリチュアルの仕方については、自分のやりやすいような方法で問題ありません。

 

翌日の予定を紙に書き出すのでもいいですし、軽くストレッチしてもいいでしょう。

 

毎日確実に、睡眠する20分前にこの「シャットダウンリチュアル」を行い習慣化することで、自分の脳を完全にシャットダウン(安眠できる状態)することができるのです。

 

 

まとめ

 

今回は、人生で成功するための睡眠環境について解説してきました。

 

人生で成功するために睡眠時間を削ってしまう人も多くいますが、作業のパフォーマンスレベルはどうしても下がってしまいます。

 

むしろ人生で成功する為には、「最高の睡眠」を行うことを意識した方が良いのです。

 

ぜひ今日からでも、「最高の睡眠」を意識して、睡眠環境の改善をしていきましょう。

 

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る