勉強しろと言われ続けた子供の方が成績が悪くなる?勉強を強要しない方が良い理由

勉強しろ!と言われ続けた子供

 

今現在、小学生や中学生、高校生の受験生は必死に勉強していた理または先日の試験の成績にあえいで居たりしている人も多いと思います。

 

第一志望の学校に入れるかどうかで今後の人生が変わってしまうので、受験と言うのは本当に子供の精神を一気に大人へと進ませてしまう気がするのです。

 

とは言え、多くの人がこの階段を上って大人になって来ているので、ある意味不可抗力と言うか必ず通らなければならない道だと思うので、頑張って乗り切って行って欲しいですね。

 

この段階に来るまでには、受験生の多くが親に勉強しろしろ言われて来ていると思います。

 

所が、親に勉強の事を言われ続けた子供の方が勉強の成績が悪くなりやすい傾向なのですが、その理由が分からない親の皆様に説明して行こうと思います。

 

 

 

子供にはなるべく命令口調で行動を制限しない

 

結局のところ、勉強をしろと言う言葉は完全に命令口調なので、子供の側に立ってみれば何様?と言う思考が先立つことになります。

 

親だから、自分を産んで育ててくれたから=偉いと言う式が頭の中には入っているのですが、じゃあだからナニ?そんな事で偉いんだったら世界中のお母さんは全員偉いって事になるだろう?自分よりも勉強出来ていなくても偉いのか?とか、よく分からないけどムカつく!と言う感情が強くなってきたらもう、子供は親の勉強しろと言う命令には逆らう一方になって行くのです。

 

もし、親の方が偉くて勉強をして欲しい正当な理由を説明が出来ると言うのなら、是非子供に説明して、それから勉強しろと言う命令を出してもらえたなら、子供は納得して勉強してくれる可能性が高くなると思うので是非やって欲しいですね。

 

しかし多くの親が、正当なる理由を説明できていないので一方的な命令になってしまうのです。

 

そうなるともう、子供は反抗して勉強する気分やヤル気を無くしてしまって更に親にも反抗して言う事を聞かなくなってしまうので、成績は悪くなる一方になる事を理解して欲しいと思います。

 

 

反対に、勉強しろと言われても勉強する子供の場合

 

親からクドいまでに勉強しろしろ言われていても、一応ちゃんと勉強する子供も居ます。

 

この子供の場合は、親の勉強しろしろと言う言葉は鳥のさえずり程度に認識していると考えた方が良さそうです。

 

親と言う名の鳥が毎日勉強しろしろとさえずっているので、まぁ五月蠅いから仕方なく勉強してやるか?みたいな心理で勉強しているのですが、この時の親子の関係は、子供の方が圧倒的に大人の心理になっている可能性が高いですね。

 

親と言う名の鳥は全く成長する事が無いので、子供の方が精神を大人にして対応しているのです。

 

親の勉強しろしろと言う言葉には、子供の勉強する意欲に対して何も効力を発揮していない事を、出来れば早めに察知して囀るのを止めて欲しいですね。

 

ただ、何か囀られると五月蠅いし、やらないと成績が落ちるのも困るな~と言う思考と自身の将来を見越して勉強しているので、ある意味自主性の高い子供がこのタイプになって行くと思われます。

 

なので、ウチの子は勉強しろっていうとやっと勉強している~と思っている親の皆様は、自分がけしかけているお陰で勉強していると思っているその考えが間違っている事に、そろそろ気づいて欲しいと思います。

 

 

中高生になり、親に勉強しろとか言うな!と言う子は、成績が良くなる

 

散々勉強しろしろと言われてうんざりしてきた数年間から脱出する為に、進級したり進学したのをきっかけに急にこんな事を言ってきたら、反発しないでイイよと言って受け入れて欲しいですね。

 

このセリフを言って来た子は、自分でしっかりと勉強の計画を立てて勉強を進めて行ける子なので、親に言われなくてもある一定以上の成績をキープし続けて行けるのです。

 

成績が良くて偏差値の高い有名大学に子供を進学させている親のエッセイ本などを時々見かけると思いますが、それらの本に乗っている子供達の多くが、基本的には親の干渉を受けないで勉強して来ているのです。

 

つまり、自分で勉強して行く事の意義を理解している子供は、親と言う干渉が非常に迷惑で邪魔だと思っているのです。

 

なのでもし、自分の子供の成績を伸ばしたいとか良い学校に進学させたいと思っている親の皆様は、子供に勉強しろと言うのを一切止めてみるのも手だと思います。

 

 

まとめ

 

親は子供に過剰に期待して自分よりも優れた人生を送って欲しいと思っている場合が多いので、つい勉強しろしろと言ってしまうと考えられるのですが、子供の人生は子供だけのもので、勉強するかしないかを選択するのもまた子ども自身なのです。

 

なので、親が子供に言う事は、ちゃんと勉強をすれば良い人生に進む事が出来るし、勉強しないでダラダラしていたらそれなりの人生しか送れないと言う方向性を指し示す事だと思います。

 

その方向性を示した後は特に何もしないのが理想的ですが、中には一緒について行こうとする親もいる様ですが、出来ればその道には子供だけで進ませていく様にして行きましょう。

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
このページの先頭へ戻る