知っておいて損はなし!令和時代に知っておきたいビジネス用語!

ビジネス用語

 

会社の仕事で同僚や上司が集まる会議などで、聞いたことがないビジネス用語が飛び交い話についていけなかったという経験はありませんか?

 

取引先との商談や副業などでスキルを活用して稼ぐ際のクライアントとの会話など、ビジネス用語を使う場面というのは意外と多かったりします。

 

時折、自分自身の知識をひけらかす為に難しいビジネス用語を連発するような人もいたりして逆にマイナスの印象を与えてしまったりしますが、ある程度のビジネス用語は事前に勉強しておけば確実に役に立ちます。

 

特に、近年では次々に新しいビジネスが誕生していますし、今後も更にそのスピードは増していくはずですから、常に新しいビジネス用語を仕入れて覚える必要があります。

 

令和という新しい時代では、どのようなビジネス用語を覚えるべきなのでしょうか?

 

この記事では、そんな「令和時代に知っておきたいビジネス用語」について解説していきたいと思います。

 

 

 

令和時代に知っておきたいビジネス用語

 

それでは、ここからは令和時代に知っておきたいビジネス用語をどんどん解説していきます。

 

もしも知らない用語があれば、しっかりと名称や内容を理解するようにしましょう。

 

 

IoT

 

近年特に話題となっているのがこの「IoT」という用語です。

 

いわゆる「意識高い系」の人々が会話の中で使う頻度が高いので、耳にしたことがあるという人も多いのではないでしょうか?

 

「IoT」は、「Internet df Things」の略で、わかりやすく言うと、「モノとインターネットが繋がること」を指します。

 

インターネットに繋がっているモノと言えば、スマホやパソコン、タブレットなどを思い浮かべるかと思いますが、今後はあらゆるモノがインターネットと繋がる世界となっていくのです。

 

例えば、スマホから自宅のエアコンや電気を操作したり、ドアやシャッターの開閉、ペットの餌を遠隔であげることもできます。

 

更にIot化が進めば、冷蔵庫や洗濯機、自動車、などなどあらゆるモノがインターネットを通して操作ができるようになっていきます。

 

 

D2C

 

この「D2C」という用語も、近年よく耳にするようになってきた用語の一つです。

 

「D2C」とは、「Direct to Consumer」の略で、企業などが代理店や卸業者などを挟まずに消費者とダイレクトに取引を行うことを指します。

 

中間コストが掛からない為、高い利益率を得られ、消費者側にも低価格で商品やサービスを提供できるというメリットがあります。

 

 

BATH

 

「BATH」とは、中国の大手IT企業の名称をまとめた通称です。

 

アメリカの大手IT企業4つの通称である「GAFA」は、「Google」「Apple」「Facebook」「Amazon」ですが、中国では「BATH」という呼び名が通称となっています。

 

「Baidu(大手検索エンジン)」「Alibaba(ECサイト)」「Tencent(SNS)」「Huawei(デバイス)」という中国のみならず世界でも有名な4つの企業が君臨しています。

 

「GAFA」と比べると「BATH」は3分の1程度の売上高となりますが、それでも世界の市場ではかなり大きな存在感となってきているのです。

 

 

KPI、KGI

 

「KPI」とは、「Key Performance Indicator」の略で、「KGI(意味は後記)」を達成するために着眼すべき指標です。

 

「KGI」は、「Key Goal Indicator」の略で、最終的に目標としている指標や数値の事です。

 

企業内での会議などで使われることが多いビジネス用語となりますので、ある程度の管理職に就いている人はぜひ覚えておきたい用語と言えます。

 

 

SIPOC

 

「SIPOC」とは、「Supplyer」「Input」「Process」「Output」「Costomer」の頭文字を取った用語で、タスクやプロジェクトを管理するために使われるフレームワークの事を指します。

 

特に企業内で業務改善を行う際に使われることが多く、役割分担を明確にしたり、作業の流れを明確にするといったメリットがあります。

 

 

DX

 

「DX」とは、「Digital Transformation」の略で、業務をデジタル化させるという意味で使われています。

 

要するに、今まで人間が行っていた業務を機会に行わせるということです。

 

わかりやすい例で言うと、コンビニやスーパーなどのセルフレジや、車の自動運転、掃除ロボットといったモノがDXと言えます。

 

 

まとめ

 

今回は、令和時代に知っておきたいビジネス用語について解説してきました。

 

  • IoT
  • D2C
  • BATH
  • KPI、KGI
  • SIPOC
  • DX

 

今回は以上の6つのビジネス用語を解説しましたが、これ以外にもまだまだ多くの「知っておきたいビジネス用語」が存在します。

 

ぜひ常にアンテナを伸ばし、時代の変化とともに現れる新しいビジネス用語も理解していきましょう。

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
このページの先頭へ戻る