ストレスフリーで生きることの大切さとそんな生活をするために必要なこと

ストレスフリー

 

ストレス社会と言われるようになって久しい日本ですが、決してすべての人が大きなストレスを抱え込みながら生きているわけではありません。

 

自分らしく生き。常に幸福感に包まれながら暮らしている人たちも意外と多く存在するものです。

 

大きなストレスを抱えている人からすると、「なぜこの時代にストレスフリーで生きることができるの?」と疑問に思ってしまいますよね。

 

しかし、実際にストレスフリーで生きている人からすると、「なんでストレスを抱える暮らしから抜け出そうとしないの?」と逆に疑問に思ってしまうのかもしれません。

 

ストレスフリーで生きることはなぜ大切なのでしょうか?

 

また、そんな生活をするためには、どのようなことが必要になるのでしょうか?

 

この記事では、そんな「ストレスフリーで生きることの大切さとそんな生活をするために必要なこと」について解説していきたいと思います。

 

 

 

ストレスを感じてしまう要因

 

ストレス

 

現代社会において、ストレスを感じてしまう要因は1つや2つではなく、実に多くの要因が絡み合っていると言えます。

 

 

日常の忙しさ

 

現代人はとにかく忙しく毎日を過ごしています。

 

特に日本人は世界でもトップクラスの労働時間となっていて、プライベートの時間が世界でも短い民族です。

 

更に、そんな短いプライベートに時間にあらゆる予定を詰め込んでしまうがゆえに、必要以上に忙しさを感じてしまっているのです。

 

また、核家族化の影響により、子育てがしずらくなっているのも大きな要因となっています。

 

共働きが当たり前の時代となっているので、仕事と子育てで忙しく、自分の時間が全くないという人も多かったりします。

 

 

仕事のプレッシャー

 

仕事にプレッシャーはつきものですが、好景気の際は企業の勢い自体があるので意外と大きなプレッシャーにさらされる機会は少なかったりします。

 

現代はご存じの通り大不況の真っ只中です。

 

仕事に対する姿勢や守らなければならないコンプライアンスの多さ、求められる成果の高さは非常に高くなっていて、大きなストレスの原因となってしまうのです。

 

 

仕事やプライベートの人間関係

 

人間関係も一昔前よりも希薄になり、陰湿な部分が増えてきています。

 

問題に対して協力して解決するような場面は明らかに減っていき、人間関係は冷たいものとなってきています。

 

それは仕事に限らずプライベートでかかわる人達に関しても同じことが言えます。

 

SNSの中傷などもここ数年で急増していることからも、人間関係は非常に難しいものとなっているのです。

 

 

理想の自分と現実とのギャップ

 

「なんでこんなことしてるんだろう」

 

「理想の自分はもっと大きな人間だったはずなんだけどな」

 

そんなことを一度は思ったことがあるという人は非常に多いはずです。

 

人間は欲深い生き物なので、つい高い理想を掲げてしまいがちなのも、大きなストレスを溜めてしまう要因となっていると言えるでしょう。

 

 

ストレスフリーで生きることの大切さ

 

ストレスフリー

 

ストレスフリーで生きることがなぜ大切なのかと言えば、「ストレスフリー=幸福」だからです。

 

心はよく「重さ」で例えたりするものですが、ストレスを溜めすぎた状態は「心が重くなる」わけですから、何事に対しても反応が鈍くなったりネガティブに捉えてしまうようになります。

 

それに対してストレスフリーな状態は「心が軽くなる」ので、常に周囲の状況に対して余裕を持って反応ができるようになりますし、必然的にポジティブに捉えられるようになるのです。

 

心に余裕ができれば、人にも優しく接することができ、人からも優しくされるようになります。

 

そう、自らの優しさによって「優しさの連鎖」を作り出すことができるのです。

 

 

ストレスフリーに生きるために必要なこと

 

ストレスフリーで現代を生きるためには、いくつかの「工夫」が必要となります。

 

 

切り替えの早さ

 

ストレスを溜め込んでしまう人にありがちなのが、失敗や問題を「引きずってしまう」ということです。

 

もちろん、まだ解決できる要素がある場合は粘り強く考え、改善に向けた行動が必要ですが、終わってしまったことをいつまでも考えるのは合理的とは言えません。

 

しっかりと反省し、「どうすれば良かったのか」を自分の中で導き出すことができれば、それ以上落ち込む必要は全くありません。

 

なるべく早く切り替えをして、自分の意識を違うところに向けた方がより合理的でより成果を上げやすいと言えるのです。

 

 

他者と比較しない(自分らしい生き方を追求する)

 

他者との比較は人生における最大の「愚かな行為(愚かな思考)」です。

 

自分らしく生きるために一番してはいけないのが、この「他者との比較」という行為です。

 

とはいえ、様々な生き方をしている人と接したり、あらゆる情報が簡単に手に入る現代では、つい比較してしまう状況に陥ってしまいがちです。

 

例えば、「SNSを思い切ってやめてしまう」「つい比較してしまう友人との関わる時間を減らしてみる」といった思い切った方法なども非常に有効な手段となります。

 

「自分が幸福に生きるために本当に必要かどうか?」をその都度考えることで、「実際にはいらないもの」が見えてくるはずです。

 

 

環境を変える勇気

 

大きなストレス抱えている人の多くが、「なぜか環境を変えない」という不思議な状況に自ら追い込んでいます。

 

改善できるように努力してみたが鬱になってしまったのならば、環境を変えてしまえば良いのです。

 

むしろ「この環境では努力したとしても改善は難しく鬱になる可能性が高い」と判断した時点で、環境を変える行動を始めるべきだと言えます。

 

「住めば都」という言葉もありますし、世界は今暮らしている街の数万倍(数百万倍)大きいものです。

 

環境を変える勇気を持ち、「より心地よく暮らせる状態」を模索していくことがとても重要だと言えるでしょう。

 

 

まとめ

 

今回は、「ストレスフリーで生きることの大切さとそんな生活をするために必要なこと」について解説してきました。

 

  • 日常の忙しさ
  • 仕事のプレッシャー
  • 仕事やプライベートの人間関係
  • 理想の自分と現実とのギャップ

 

これらの要因が続くことによって、人は大きなストレスを溜め込んでしまうのです。

 

「切り替えの早さ」や「他者と比較しない(自分らしい生き方を追求する)」「健康に気を付けている」「完璧を求めない」「環境を変える勇気」を意識することで、限りなくストレスフリーに近づくことができるはずです。

 

「幸せになる為に生きている」ということを再認識することができれば、現状をどう変化させていけば良いかが見えてくるはずです。

 

ぜひこの機会に、ストレスフリーを目指した暮らしを実践してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


このページの先頭へ戻る