VUCA(ブーカ)時代を生き抜くために必要な3つのスキルとは?

画像

 

現代では、ありとあらゆる物事が急激に進化し、予測不可能な状態となっていると言っても過言ではないでしょう。

 

「昨日までの常識が明日には非常識になっている」というのが、大げさではない時代だと言えます。

 

そんな変化の激しい現代を称して「VUCA(ブーカ)時代」と呼ぶ人が増えてきています。

 

予測の出来ないVUCA時代を生き抜くためには、どのようなスキルを持っていれば良いのでしょうか?

 

この記事では、そんな「VUCA時代を生き抜くために必要な3つのスキル」について解説していきたいと思います。

 

 

 

VUCA時代とは?

 

画像

 

「VUCA時代」とは、ある4つの言葉の頭文字を取った造語です。

 

その4つの言葉とは、「Volatility(変動性)」「Uncertainty(不確実性)」「Comolexity(複雑性)」「Ambiguity(曖昧性)」です。

 

元々は軍事用語として使用されていましたが、先が読めない現代(特にビジネス界)にも当てはまるということからここ数年で使われるようになってきました。

 

 

「Volatility(変動性)」

 

これは現代における技術的な革新という捉え方ができます。

 

特に近年では、毎日のように新しいハードやソフトが開発され、世の中の利便性が向上しています。

 

その中には、iPhoneやスマートフォンのように人間の生活を大きく変えた革新もあり、そこで終わることなくInstagramやTwitterなどのSNSやYouTubeといったソーシャルメディアが誕生しました。

 

 

「Uncertainty(不確実性)」

 

変化の激しい現代では、確実である物事があまりにも少なかったりします。

 

地震や台風、夏の気温上昇など自然災害はまさにその代表的な問題です。

 

 

・「Comolexity(複雑性)」

 

現代は一方の状況だけを見て判断ができるほどシンプルな時代ではありません。

 

複数のリスクが絡み合っていることが非常に多いので、総合的な判断が難しい時代であると言えます。

 

 

「Ambiguity(曖昧性)」

 

現代を生きる人々の価値観は多様化してきています。

 

一昔前であれば、マスメディアを使用し大衆心理を操作するといったことも可能でしたが、個人の価値観の多様化によってそれができなくなってきているのです。

 

個人で情報が発信できる時代へと変化してきているため、過去の事例を活用したビジネスは通用しなくなってきています。

 

 

VUCA時代を生き抜くために必要な3つのスキル

 

画像

 

VUCA時代を生き抜くためには、これまでにないスキルを新たに持っていなければなりません。

 

特に重要とされる3つのスキルを挙げていきましょう。

 

 

古い考えに固執しない

 

この時代は、日々変化していくと仮定しながら物事を考えていくことがとても重要となります。

 

人間は過去に成功した体験を重要視する性質があり、その成功で使った知識や手法にこだわってしまいがちです。

 

しかし、その知識や手法がいつまで通用するかは分からず、 固執するがあまり通用しなくなった時に全く結果を出せなくなってしまうリスクがあるのです。

 

そうならない為には、例え成功したとしても、それに捉われず常に新しい手法を取り入れながらビジネスを進めていく柔軟な考え方をする必要があると言えます。

 

 

ポータブルスキル

 

年功序列や終身雇用が崩れ、個人スキルが重要視されているのは周知の事実ですが、そのスキルの内容もしっかりと考える必要があると言えます。

 

特にVUCA時代である現代では、変化によって今まで通用していたものが使えなくなったり効果が薄まってしまう可能性もある為、どんな状況になっても使える凡庸性の高い「ポータブルスキル」が重宝されるようになるのです。

 

「ポータブルスキル」とは、特定の職業でしか活用できないスキルではなく、多くの職業に活用ができるスキルのことです。

 

傾聴力や受容力、主張力、協調力といった「対人力(コミュニケーション能力)」や、計画力や分析力、機動力、変革力といった「対課題力」がまさにポータブルスキルだと言えます。

 

他にも、決断力や忍耐力、規律力、持続力、冒険力といった「対自分力」もポータブルスキルとされています。

 

そして、どんな職業においても活用できる「逆算力」は、とても汎用性の高いスキルだと言えるので、現代でビジネスをしていく上で必ず身に付けておきたいスキルだと言えるでしょう。

 

 

学び続ける姿勢

 

一昔前までは、資格などを取得するために勉強を続け、取得できればあとは定期的に変化するポイントを覚えるというやり方で問題はありませんでした。

 

しかし、現代では時代の変化のスピードが早く、その資格を活かす場面も急速に変化しますし、資格の内容自体も変更を繰り返していきます。

 

そういった意味では、「資格を取得したらもう大丈夫」という姿勢ではすぐに使えない人材へと成り下がってしまう可能性があるのです。

 

資格に限らずですが、新たな物事を学んだとしても決してその状況に満足せず、「学び続ける」ことが非常に重要な時代となっているのです。

 

 

まとめ

 

今回は、「VUCA時代を生き抜くために必要な3つのスキル」について解説してきました。

 

  • 古い考えに固執しない
  • ポータブルスキル
  • 学び続ける姿勢

 

この3つのスキルを身に付けることができれば、今以上に変化が激しくなったとしても対応していくことが可能となります。

 

逆に言えば、対応できない人はなかなか成功を掴みにくい世の中になっていくということなので、今の内からこの3つのスキルを磨いておくことがとても重要であると言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


このページの先頭へ戻る