ポジティブ思考だけでは幸福になれない理由と幸福になる為の3つの心構え

どんな時でもポジティブな思考で生きていければきっと幸福になれると思っている人は非常に多いかと思います。

 

確かに、ポジティブ思考の人は自分に自信を持っていて、物事を前向きに捉えられるので幸福になりやすいと言えます。

 

しかし、実はポジティブ思考だからと言って必ず幸福になれるというわけではなかったりします。

 

「え?ポジティブ思考=幸福、ネガティブ思考=不幸せじゃないの?」と驚く人もいるかもしれませんが、人生はそれほどシンプルな世界ではありません。

 

幸福に生きるためにポジティブ思考が必要なのはもちろんですが、時にはネガティブ思考も必要ですし、その他にも幸福度に深く関わる感情がいくつか存在します。

 

この記事では、そんな「ポジティブ思考だけでは幸福になれない理由と幸福になる為の3つの心構え」について解説していきたいと思います。

 

 

 

ポジティブ思考のメリット

 

画像

 

まずはポジティブのメリットを簡単に挙げてみましょう。

 

気分の落ち込む時間が短い

 

人間誰しも精神的に落ち込むことがあるものですが、ポジティブな思考を持っている人はあまり時間が掛からず精神的に立ち直ることができます。

 

「悪い事ばかり考えていても仕方がない」と割り切ることが非常に上手なので、大きなストレスを溜め込むことがあまりないのです。

 

 

常にやる気に満たされている

 

物事をポジティブに考えられる人は、他の人よりも活動的でやる気に満ち溢れていることが多かったりします。

 

笑顔でいる時間も多いので、自然と周りにいる人たちを笑顔に変えていく力を持っています。

 

 

ポジティブ思考のデメリット

 

基本的にプラスの印象が強いポジティブ思考も、マイナスとなってしまう側面も存在します。

 

 

リスクマネージメントが苦手

 

ポジティブな思考ゆえに、「とりあえずやってみよう」という気持ちになりがちで、その物事に潜むリスクを考慮できないことがあったりします。

 

成功することも多いのですが、その分失敗も増える傾向にあり、安定性という意味ではマイナスととなってしまうのです。

 

特にお金に関わる問題では、後悔してしまうような決断をあっさりとしてしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

 

周囲との気持ちの温度差

 

人間関係において、気持ちの温度差が近いというのは非常に大きなポイントです。

 

あまりにも気持ちやテンションに違いがあると、一緒に居て居心地が悪くなることもありますし、時には嫌悪感を感じる場合もあります。

 

フラットな状況である時には、周りの人たちのテンションを引き上げるといったメリットもあるのですが、根性論ではどうしようもない深刻な状況の際にそのポジティブな面を出してしまうと、周囲との温度差が余計に大きくなってしまいます。

 

 

幸福になる為には、ポジティブもネガティブも重要

 

画像

 

ここまでの解説で分かる通り、ポジティブだけでは決して高い幸福度を得ることはできません。

 

しっかりとリスクマネージメントをしたり、周囲の状況に合わせた行動や言動を行うためには、ある程度のネガティブな感情も必要不可欠なのです。

 

 

幸福になる為の3つの心構え

 

ポジティブとネガティブの上手な使い分けが幸福度にとって重要なのですが、それだけではまだ足りないと言えます。

 

人生の幸福度を更に高めるためには、以下の3つの意識を高める必要があります。

 

 

チャレンジ

 

何かにチャレンジしている人は、周りの人よりも苦労も多いはずなのですが、その幸福度は非常に高い傾向にあります。

 

これは、チャレンジすることで実力が付き、自分に自信が付くということもありますし、小さな目標をいくつか立てて1つずつクリアしていく達成感が味わえるからだと言えます。

 

 

深い人間関係

 

人によっては、「他人と広く浅く関係性を築く」という人間関係を好む場合もありますが、やはり人生の幸福度を上げるには「深い人間関係」が必要であると言えます。

 

人間は元々、大人数の「社会」の中で少人数の群れを作って生きてきた生き物です。

 

7万年ほど前には人類が急激に減少し、絶滅の危機に陥った時もあるようです。(その際に人口は何と2000人程度であったと推定されています)

 

小さな群れをいくつも作り何万年も生きてきたその性質は現在にも色濃く本能として残り続けているので、「広く浅く」よりも「狭く深く」という人間関係の方がより幸福感を得られるのです。

 

 

生きがい

 

前述したチャレンジよりももっと広い意味で捉えた目標と言い換えられますが、「人生を通しての重要なもの」があるかないかで幸福度は大きく変わってしまいます。

 

それは人によって違いがあって当然で、「妻」や「夫」である人もいれば「子供」である人もいるでしょう。

 

はたまた「仕事」や「学び」「趣味」「お金」などである場合もあるでしょう。

 

それが何にせよ、生きがいを作るということは人生の幸福度を高める上で非常に重要な要素の1つなのです。

 

 

まとめ

 

今回は、「ポジティブ思考だけでは幸福になれない理由と幸福になる為の3つの心構え」について解説してきました。

 

  • ポジティブ思考はプラスの影響だけでなく、マイナスの影響も及ぼしてしまうので、「ポジティブ思考=幸せ」というわけではない
  • 「チャレンジ」「深い人間関係」「生きがい」という3つの心構えを持っていれば、人生の幸福度は大きく上昇する

 

「もっと幸せになりたい」と望んでいる人は、ぜひこれらを意識しながらこれから生きていってみてはいかがでしょうか?

 

きっと好循環が生まれ幸福度が上がるはずですよ。

 

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

このページの先頭へ戻る