「気になる部分を徹底カバー!コンシーラーの選び方」

気になる部分を徹底カバー!コンシーラーの選び方

画像

 

シミやくすみ、クマなどの悩みがあると、メイクには気を使いますね。それらの悩みを隠してくれる心強いアイテムがコンシーラーです。ところが選び方を間違えると、返って塗った部分だけが浮いてしまったり、厚化粧になってしまったりもします。

 

今回は、コンシーラーの選び方をご紹介します。

 

 

悩み別コンシーラーの選び方

 

 

広範囲のくすみやソバカス状のシミ

 

鼻の周りや頬など、比較的広範囲で色がくすんでいたり、細かなシミが点々と広がっていたりする場合は、リキッドタイプやクリームタイプのコンシーラーがおすすめです。

 

薄く伸びて、カバー力のあるものを選びましょう。

 

つけ方は指やブラシを使って点々と肌に乗せ、叩くように馴染ませていきます。仕上げにフェイスパウダーで抑えるようにすると、自然な感じになります。

 

 

目の下のクマ

 

目の下は、皮膚がとてもデリケートで乾燥しやすい場所です。保湿力のあるクリームタイプを選ぶと良いでしょう。

 

色はベージュ以外に茶色いクマには黄色系、青いクマにはオレンジ系のコンシーラーを使用するとクマがしっかりと隠れ、綺麗に仕上がります。
つけ方は、まず小指や綿棒にとって目の下に点々と乗せ、薬指で馴染ませるように塗ります。

 

 

シミ

 

シミはスティックタイプのコンシーラーを使い、ピンポイントでカバーすると良いでしょう。スティックタイプはカバー力が高くマットな質感のものが多いので、しっかり隠せます。

 

つけ方は、クレヨンで印をつけるようにポンと押し、後は薬指などの先で周囲をぼかすようにして馴染ませます。

 

カバー力が高い分浮きやすくなります。仕上げにファンデーションを重ね、上手に馴染ませましょう。

 

 

コンシーラー選びのポイント

 

画像

 

場合によっては複数を使い分ける

 

人によって肌の状態や悩みも様々ですから、絶対コレ!というものはありません。必要なら、クリームタイプとスティックタイプを併用するなど、効果的に使い分けしましょう。

 

自分の気になる部分に合わせてコンシーラーを使い分けると、気になる部分がしっかりと隠れ、メイクの仕上がりも自然な雰囲気になります。

 

下地クリームやファンデーションとのバランスも大事

 

カバー力の強いコンシーラーの上に、マットな下地とファンデーションを重ねると厚化粧になってしまいます。

 

かえって隠しているのが目立つ可能性もありますので、コンシーラーだけではなく、他のアイテムとの重ねづけを考慮して選びましょう。

 

 

コンシーラーを選ぶ時の注意点

 

画像

 

適当に買わない

 

自分の肌の状態、隠したい部分が何かを明確にしてコンシーラーを選びましょう。

 

スティックタイプで顔の広範囲を塗るようなことにならないように、色をカバーするのか、シミを隠すのか、それぞれの悩みに応じたタイプのものを選んでください。

 

スティックタイプはカバー力がある分厚みが出ます。シミなどのポイントカバーには向いていますが、顔全体のくすみ隠しなどで使うと伸びも悪く厚化粧になってしまいます。

 

 

迷ったら相談

 

カバー力やツヤの有り無しなど、テスターがなければ分からないものです。

 

自分の肌の状態ならどれが合うか、迷ったら遠慮なく美容スタッフに聞いてみましょう。買うか買わないかは後で決めればいいので、まずは専門家の意見を聞いてみてください。

 

 

メイクポーチにこれ1本!万能スティックコンシーラー

 

 

 

 

隠したい部分に合わせてコンシーラーを使い分けるのが理想的ですが、忙しい朝のメイク時間は少しでも手抜きをしたい!とつい考えてしまいますよね。

 

そんな時は、スティックコンシーラーがとても万能です。

 

使い方も簡単で、オールマイティーなスティックコンシーラーは、ポーチに1本入れておけば困ることもないでしょう。

 

顔全体などの広範囲を塗る以外は、ほとんどの場合スティックコンシーラーで乗り切ることが出来るでしょう。そんなスティックコンシーラーの選び方をご紹介します!

 

 

硬さ

 

油分の少ない硬めのものを選ぶと、崩れにくくしっかりとカバーしてくれます。

 

油分の多いものより油分の少ない硬めのものの方が、カバー力が高いです。

 

油分の多いものだと気になる部分がうまく隠れず、時間が経つとムラになりやすくなります。

 

 

色味

 

クリームタイプのコンシーラーと比べ、硬めのスティックコンシーラーは肌に馴染みにくいので、なるべく自分の肌の色に近いものを選ぶようにしましょう。

 

肌の色より濃かったり薄かったりすると、かえって隠している部分が目立ってしまうので注意しましょう。

 

 

◇持ちがよくUVカット効果があるもの

 

シミやそばかすなどに紫外線を当てたくないですが、日焼け止めを塗っても、時間が経つと皮脂や汗で流れ落ちてしまいますよね。

 

ですので、コンシーラー自体にUVカット効果があるものを選ぶと、日焼け止めを塗り直す手間も省くことができおすすめです。

 

 

まとめ

 

化粧品は使い方次第で、良くも悪くもなります。大事なのは自分の肌に合ったものを選び、正しく使うことでしょう。

 

肌の悩みはストレスにもなって、余計に肌に良くありません。

 

メイクが楽しくなるような、自分にぴったりのコンシーラーが見つかるといいですね。

 

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る