一人暮らしで「栄養不足」に陥らない為にできるこ

一人暮らし

 

一人暮らしというと、大学生や独身の社会人というイメージがありますし、実際にそういった人たちは一人暮らしをしていることが多いですよね。

 

しかし、近年では核家族化が進み、高齢者の一人暮らしも急増しています。

 

気楽に暮らしていけるという面では一人暮らしはメリットがあると言えますが、健康面を考えた時には大きなデメリットとなってしまいます。

 

意識しなければ確実に栄養不足になり健康面で影響が出てしまうので、最低限の栄養面のケアを行う必要があると言えるでしょう。

 

この記事では、そんな「一人暮らしで栄養不足に陥らない為にできること」について解説していきたいと思います。

 

 

 

一人暮らしは「栄養不足」に陥りやすい環境

 

栄養不足

 

一人暮らしの人が栄養不足に陥りやすい原因としては、「自分好みの食事ばかりしてしまう」という点が挙げられます。

 

実家では母親が栄養面を考えた食事を出してくれたはずですが、一人暮らしの場合は誰もそういった栄養ある食事を作ってくれませんし、指摘もしてくれません。

 

「栄養もしっかり摂らなきゃ」という意識はありつつも、無意識に自分の好きな物ばかり食べてしまうものです。

 

また、「インスタントや冷凍食品」といった栄養価の低い食事を好んで食べてしまう人も多く、極端に栄養が足りていない(偏っている)という人もかなり多かったりします。

 

栄養面はしっかりと意識して生活していても何かしらの栄養素が不足してしまうほど難しいものです。

 

意識せずに食事を作ってくれたり指摘する人もいない状況が長期間続いてしまうのは、健康面でのリスクがかなり高くなってしまうのです。

 

 

長期間栄養不足が続くと現れる症状

 

私たちの身体を正常に維持していくためには、最低限の栄養を摂取しなければなりません。

 

もしも栄養不足が小器官続くようであれが、以下のような様々な症状が現れてしまうでしょう。

 

  • 疲れやすくなる
  • 肌荒れやニキビ
  • 集中力の低下
  • イライラする機会が多くなる
  • 貧血やめまい
  • 不眠
  • 風を引きやすい
  • 頭痛、肩こり
  • 太りやすい

 

これらの症状が現れてくることだけでなく、免疫が低下することで様々な病気を引き起こすリスクも上昇してしまうのです。

 

 

どんな栄養が不足しがち?

 

一人暮らしの人が栄養不足になりがちになってしまいがちということはお分かりいただけたかと思いますが、具体的にどのような栄養素が不足しがちなのかを挙げていきましょう。

 

  • ビタミンA(目や皮膚の乾燥、免疫力の低下)
  • ビタミンE(老化の進行、血行不良)
  • カルシウム(骨密度の低下、免疫力の低下、高血圧)
  • 鉄分(貧血やめまい)
  • マグネシウム(イライラ感、頭痛、不眠)
  • 亜鉛(肌荒れ、風邪、抜け毛、味覚障害)

 

やはりご飯やラーメン、パスタ、うどんといった炭水化物を食べる機会が増え、上記の栄養素が不足してしまうことが多くなってしまうのです。

 

 

一人暮らしで栄養不足に陥らない為にできること

 

一人暮らしは栄養不足に陥りやすい環境ですが、以下のようなことを意識して取り入れるだけでも格段に栄養を身体に摂り入れることができます。

 

 

栄養素ごとに自分が好きな食材を定期的に食べる

 

前述した通り、一人暮らしの人はビタミンAや鉄分、亜鉛といったように不足しがちな栄養素がありますが、これらの栄養素ごとに「自分の好きな食材」を見つけて定期的に食べるという意識をする方法がおすすめです。

 

  • ビタミンA「人参、魚介類、にんじん」
  • ビタミンB「玄米、海苔、海藻類、豆類」
  • カルシウム「ほうれん草、ひじき、小魚」
  • 鉄分「レバー、卵、レーズン」
  • マグネシウム「ひじき、納豆」
  • 亜鉛「ささみ、たらこ、チーズ」

 

各栄養素の食材のすべてを食べるのはなかなか難しいですが、この中で自分の好きな食材を覚えておいて定期的に食べるということを意識するだけでもかなり栄養面での効果を得ることができるようになるでしょう。

 

 

サプリメント出栄養を補う

 

基本的には食事からしっかりと栄養を摂ることが必要ですが、どうしても栄養不足に陥ってしまい身体に影響が出てしまうのであれば、サプリメントで栄養を補うという方法もおすすめです。

 

サプリメントといってもその種類は実に様々なので、しっかりと自分に足りない栄養素を把握して、その栄養素をしっかりとカバーできるサプリメントを選びましょう。

 

 

スーパーなどの「お惣菜」を購入する

 

一人暮らしの人の中には、「自分で料理するのはめんどくさい(そもそも料理ができない)」という人は多いはずです。

 

そんな人は、ぜひ「スーパーなどでお惣菜を買って食べる」という方法を定期的に行いましょう。

 

お惣菜はいろいろな食材が使われているので、一度にたくさんの栄養素を摂ることができます。

 

 

野菜ジュースなど栄養豊富な飲み物を習慣化する

 

普段から水やジュースを良く飲むという人は、1日1回でも良いので「野菜ジュース」を飲む習慣を作ってみましょう。

 

食材として摂取するよりも吸収率が良い栄養素もあるので、野菜ジュースが苦手でなければぜひ試してみましょう。

 

 

まとめ

 

今回は、「一人暮らしで栄養不足に陥らない為にできること」について解説してきました。

 

  • 栄養素ごとに自分が好きな食材を定期的に食べる
  • サプリメント出栄養を補う
  • スーパーなどの「お惣菜」を購入する
  • 野菜ジュースなど栄養豊富な飲み物を習慣化する

 

一人暮らしの場合、自分の好きな食事ばかりしてしまう可能性が高いですし、指摘してくれる人もいないので栄養が偏ってしまう可能性が高くなってしまいます。

 

栄養不足が長期化すると、身体に様々な影響が現れてしまいますし、病気を引き起こしてしまう可能性もあります。

 

ぜひここで挙げた「栄養不足に陥らない為にできること」を実践して、健康な身体を手に入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


このページの先頭へ戻る