正しい紫外線対策で美白をキープしよう!

画像

 

シワやシミを作らないため、日焼け止めを利用する方が多くいらっしゃいますが、実はそれだけでは十分な紫外線対策と呼ぶことはできません。また、紫外線を浴び続けて肌が日焼けしても、美白化粧品を使えば元に戻れるというわけではありません。

 

今回は、そんな誤解しがちな紫外線対策についてお話しします。

 

 

日焼け止めと美白化粧品の効果を知る

 

正しい美白作りを目指すため、まずは日焼け止めと美白化粧品の役割について説明します。

 

なかなかシミ・シワが解消されない方は、まずはそれぞれの特徴を理解することからはじめていきましょう。

 

 

日焼け止めの特徴

 

画像

 

日焼け止めは、主に紫外線が体内に入り込むのを防ぐのが目的です。

 

太陽の光から発する紫外線は大きく分けて、「UVA」と「UVB」の2種類あります。

 

UVAは波長が長く、皮膚に受けるダメージは大きくありませんが、肌の基底層まで到達し、真皮層に存在するコラーゲンを破壊するため、肌の老化を早める特徴があります。

 

一方UVBは波長が短く、エネルギーが強いため、皮膚に受けるダメージは大きくなります。症状として肌表面に赤みが発生(サンバーン)します。

 

日焼け止めでよく見かけるのが「PA」と「SPF」という表記ですよね。

 

「PA」は、波長が長く、しわやたるみの原因になるといわれているUVA波の防止効果を表す目安の数値です。「SPF」はパワーが強く、シミや肌にダメージを与え炎症を起こす原因になるといわれているUVB波の防止効果を表す目安の数値です。

 

しかし、PAやSPF値の高い日焼け止めを1回つけていれば安全というわけではなく、こまめな塗り直しがおすすめです。年間を通して紫外線量も変化をしていきますので、ご自身のライフスタイルや季節に合わせて日焼け止めを選ぶようにしましょう。

 

 

美白化粧品の特徴

 

画像

 

美白化粧品は、活性酵素の発生で生成された過剰なメラニンを防ぐのが目的です。

 

美白化粧品には、シミ予防に有効な美白成分が含まれています。

 

含まれる美白成分により、活性酵素の除去、情報伝達物質の阻害、活性化したチロシナーゼの阻害、メラニン生成の抑制など、シミが作られる過程に働きかけていきます。

 

美白化粧品に用いられる美白成分の種類は様々ですが、組み合わせ方で数倍の美肌効果が期待できる美白成分もあるのです。

 

 

美白化粧品を選ぶポイント

 

画像

 

シミ、シワが目立つようになると、女性は自分の素顔に自信を持てなくなりますよね。

 

シミ一つない透明感ある美肌に仕上げていくためには、美白成分が配合されている化粧品を選択するのが大切です。しかし、市販の美白化粧品には様々な美白成分があるため、どの成分が肌に良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

 

美白化粧品を選ぶ一つの指標として、厚生労働省が指定している「医薬部外品」という表示があることを確認しましょう。

 

美肌を保つために効果的と言われる成分をご紹介します。

 

下記を参考に、自分が必要とする効能を持った成分が、多く含まれる美白化粧品を選んでみてはいかがでしょうか。

 

 

美白に効果のある主な薬用美白成分

 

  • αアルブチン…コケモモという植物から抽出される成分の一つ。メラニンの生成を抑える効果がある。
  • エラグ酸…イチゴ、ラズベリーから抽出される美白成分の一種。メラニンの生成を抑え、肌の老化を防ぐ効果がある。
  • ビタミンC誘導体(おすすめ!)…ビタミンCに吸収力と残存性をもった物質の一つ。細胞の老化を抑える効果を持っており、シミ、そばかす予防に効果的。
  • プラセンタエキス(おすすめ!)…豚、馬などの胎盤から抽出される美白成分の一つ。メラニンの生成を抑え、肌を若返らせる効果がある。
  • トラネキサム酸…人工的に作られたアミノ酸化合物の一つ。メラニンの色素沈着を防ぐ効果があり、肝斑に効果的。
  • リノール酸…ひまわり油などの天然油から抽出される成分の一つ。メラニンの生成を促進するチロシナーゼを抑える効果がある。

 

 

美白化粧品を選ぶ上で大切なこと

 

画像

 

美白化粧品を選ぶ上で大切なことがあります。

 

それは、美白成分がもたらす肌の効果をしっかりと理解することです。

 

美白成分の効果は大きく分けて、メラニン色素の合成の抑制、抗酸化作用、メラニン色素の排出の3つがあります。

 

メラニン色素の合成の抑制は、紫外線などで活性酵素の働きを抑えることを意味します。一般的に有効とされている美白成分はビタミンC誘導体、プラセンタなどが挙げられます。

 

抗酸化作用は、活性酵素の働きの活性化により体の老化を防ぐ作用のことを意味します。一般的に有効とされている美白成分は、ビタミンC誘導体、ビタミンE、ポリフェノールなどが挙げられます。

 

メラニン色素の排出は、新陳代謝の活性化で肌のターンオーバーを早めていくことを意味します。一般的に有効とされている美白成分はAHA、レチノール、フルーツ酸などが挙げられます。

 

このように、シミが作られる過程においてどの美白成分が有効であるのか、しっかり考えてから美白化粧品を選ぶことが重要です。

 

 

まとめ

 

日焼け止めと美白化粧品、どちらもシワ・シミの予防に大きな効果があるように見えても、実際の役割は大きく異なります。お互いの持つ効果を正しく理解し、上手に使い分けて紫外線対策することで、綺麗な美白を目指したいですね!

 

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る