どの仮想通貨がおすすめ?ビットコインキャッシュの特徴を解説!

ビットコインキャッシュとは?

ビットコインキャッシュとはその名の通り、2017年8月にビットコインから分裂したアルトコインの一つです。今回は、ビットコインキャッシュの特徴、魅力をご説明していこうと思います。

 

ビットコインキャッシュのはじまり

 

ビットコインキャッシュは、上述したように2017年8月にビットコインが分裂して誕生した仮想通貨の一つです。何故分裂する必要があったのかと言うと、本家ビットコインの取引量が増加したことが大きな原因です。取引量が増えると、それに従って取引スピードも低下していきます。

 

そこで、取引スピードの回復や機能追加という目標を目指して開発されたものがビットコインキャッシュなのです。そんな背景のあるビットコインキャッシュですが、ビットコインからの変更点は大きく2つ挙げられます。

1つのブロックサイズが大きい

 

本家ビットコインに比べ、ブロックチェーンを構成するブロックのサイズが大きくなっています。本家ビットコインでは最大容量が1MBだったのに対し、ビットコインキャッシュでは8MBまで引き延ばされています。およそ8倍ですね。これにより、取引スピードの遅延の解消が期待されました。

 

Segwitが実装されていない

 

ビットコインではSegwitという仕様が採用されています。これは、ブロックチェーンにおけるブロック内の情報を圧縮し、保管しておく技術です。ビットコインキャッシュではSegwitを採用していません。Segwitとは簡単にいってしまうとブロック内の情報を圧縮して保管する技術です。ビットコイン支持団体は、このSegwitの採用によって取引スピードの低下に対応しようとしました。しかしその施策に反対する人々がハードフォークを行い、ビットコインキャッシュが誕生したのです。

 

ビットコインキャッシュの価格推移

 

このように、まだ誕生したばかりのビットコインキャッシュですが、そのリリース以降11月に急騰を見せました。その後は18万円前後で安定した推移を見せています。では何故このような高騰が起こったのかと言うと、ビットコインキャッシュのハードフォークへのハードフォークが期待されたことが要因の一つではないかと言われています。

 

ビットコインキャッシュはそもそも、8月にビットコインのハードフォークによって誕生しました。そして更に、ビットコインキャッシュがサイドハードフォークしビットコインキャッシュクラシックの誕生が噂されました。また、仮想通貨用ウォレットを運営するBitcoin.comのCEOロジャー・バー氏の発言からも、ビットコインキャッシュを支持する姿勢が伺えます。

 

以下が、ロジャー氏の発言の一部です。「ビットコインとビットコインキャッシュの技術的な違いは、一般の人々にとってほとんど関係ないが、長期的に見ると一番利便性の高いコインの時価総額が一番高くなる。またビットコインキャッシュが採用したブロックサイズを大きくする、という策は利便性の意味で、ビットコインに勝っている。

 

彼はビットコイン界のイエス・キリストとも呼ばれています。このような人物の発言は、今後のビットコインキャッシュの値動きにも大きく影響を与えるかもしれません。ビットコインキャッシュの今後の動向から目が離せませんね

 

 

 

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る