どの仮想通貨がおすすめ?ネム(NEM)の特徴を解説!

ネム(NEM)とは?

ネムは比較的新しいと言われる仮想通貨です。その公開は2015年3月ですね。新しいとは言っても、仮想通貨時価総額ランキングでは上位に位置しており、高い支持を集めています。

 

ネム(NEM)の名前の由来

 

ネムの名前の由来は、New Economy Movementの頭文字です。その名前には、政府や国に縛られない経済活動を目指す仮想通貨プロジェクト、という意味が込められています。その思想に賛同し、自ら出資をおこなった投資家たちにネムは配布されました。

 

ネムのはじまり

 

ネムは他の仮想通貨と比べ、少し特殊な形で始まりました。ビットコインではマイニングと呼ばれる作業によってその発行枚数を増やしていきます。マイニングには、大量の計算が必要となります。

 

ネムの場合はまず、約1600人の投資家に8,999,999,999XEM(ネム)もの大量のネムが最初に均等に分配されました。これはネムの発行上限枚数となっています。最初に発行上限枚数まで発行されているため、今後新規にネムは発行されません。

 

ネムの特徴

 

ネムの特徴として、承認方式にPoIが採用されていることが挙げられます。PoIとはProof of Importanceの略で、直訳すると「重要性の証明」となります。ビットコインではPoWという承認方式が使われていますが、両者の違いは一体何なのでしょうか。見ていきましょう。

 

PoWでは、単純に仕事量に応じて報酬が支払われる仕組みとなっています。詳しく説明すると、ビットコインを使った取引を計算し、その取引が正当に行われていたかを確認します。これが「仕事」です。この仕事により、新規のビットコインが発行される仕組みとなっています。

 

 

 

 

この作業は大量の計算を高速で行う必要があるため、現在は個人の参入は殆ど不可能な状態となっています。そのため、マイニングを専門に行う事業者が多くの端末を使って行っているのがほとんどです。対してPoIでは、重要性スコアと呼ばれるものに応じて報酬が支払われます。

 

重要性スコアとは、そのアカウントがどれだけのネムを持っているか、どれだけの取引を行っているかの指標となるものです。これにより、各アカウントが言うなれば「採点」されています。ここで、ネムの承認作業であるハーベスティングについて説明しておきます。

 

ネムはもう既に最大まで発行されているため、新規の発行はあり得ません。そのためハーベスティングと呼ばれる承認作業に対し、報酬のネムが支払われるかたちになっています。ハーベスティングを行うアカウントは、重要性スコアに応じてランダムに選ばれます。

 

ハーベスティングの特徴として、下記の4つが挙げられます。

 

 

  1. 特定のハードウェアを持たなくても良い
  2. 膨大な電力を消費する必要がないため、コストがかからない
  3. ただ保持している人よりも、取引を多く行った人に多く報酬が支払われる
  4. 端末の電源が入っていなくても参加することができる

 

ハーベスティングに参加できるのは10,000XEM以上(2018年1月現在約80万円)を所持するアカウントのみです。これは、管理団体を持たない仮想通貨では分散された各々のPCで協力して承認作業を行う必要があるためです。皆さん気になったかと思いますが、「④コンピュータの電源が入っていなくても行うことができる」とはどういうことなのでしょうか。これについて詳しく見ていきたいと思います。

 

スーパーノード

 

実は実際に計算を行うのはハーベスティングを行うアカウントのPCではありません。計算は「スーパーノード」と呼ばれるアカウントのPCで行われます。スーパーノードと呼ばれるアカウントになるには条件があります。

 

その条件とは、300万XEM(2018年1月現在約2億4000万円)以上保有しており、かつ24時間いつでも動作可能なPCを所持していることです。つまり各アカウントは、スーパーノードアカウントに計算を委任しているという形になっています。

 

そのため、自分のPCの電源が入っていなくても報酬を受け取ることができるのです。スーパーノードアカウントになるにはかなり厳しい条件が課せられていますが、その分高額の報酬を得ることができます。

 

富の再分配

 

ネムのはじまりについては上述した通り、特定の中央集権に縛られない経済活動を目指した経済活動プロジェクトが発端となっています。そして、ハーベスティングの仕組みにもそれは表れています。ネムの仕組みは、スーパーノードが計算を行い、そこで得た報酬が一般のアカウントにも分配されるというものです。

 

ですから、従来のように特定の人しか承認作業に参加できないという問題は解消されています。つまり、高額なPCや知識は必要なく、誰であっても気軽に参加することができるということです。コインチェック社の巨額流出事件に対し、ネム財団側はTwitter上で協力に積極的な姿勢を見せています。ネムのその思想を見ると共感する人が多く人気なのも納得ですね。

 

 

 

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る