プロ野球が6.19開幕!?背景と影響は?

画像

20/05/14 23:09

 

新型コロナウイルスの影響で、あらゆる経済・社会活動が沈滞していますが、スポーツ界も同様に「フリーズ」状態が続いています。

 

そんな中、国民的人気スポーツであるプロ野球が、6月19日の開幕へ向けていよいよ動き出したようです。

 

これについてみていきましょう。

 

開幕日程が決定!?

 

画像

 

日本プロ野球機構(NPB)とプロ野球全12球団は、今年の開幕日を6月19日に設定し、動き始めています。

 

国内ではいまだにコロナ禍が終息する兆しが見えていませんが、ゴールデンウィークの「かきいれ時」の最中の5月4日にオーナー会議を開催し、水面下で「6.19開幕」へ向けて調整を始めたというものです。

 

そして5月11日開催された全体会合で、6.19開幕を睨みつつ、最悪でも6月中の開幕を実行することで合意されました。

 

なお、同時に今年はオールスター戦を中止することも確認されました。

 

背景や問題点は?

 

画像

 

プロ野球は、歴史的な背景を見れば様々な推移がありますが、現在では一球団が年間(シーズン)を通して144試合を実施しています。

 

そして、NPBの規約によれば、シーズンとして成立するには最低でも120試合の開催が規定されています。

 

この、「シーズンとして成立する」ことには大きな意味があります。

 

例えば個人の記録がそうで、永久に歴史に刻まれるタイトルの首位打者や本塁打王、打点王、また最多勝利や防御率1位などの様々な記録をはじめとして、全選手の成績がシーズンの成立を前提に加算されます。

 

これが仮に119試合の実施に留まれば、規約上、「参考記録」となってしまい、球団や選手の通算成績に反映されない事態となるため、由々しき問題に発展してしまいます。

 

既に台湾や韓国では無観客による開幕を先行させていますが、日本でも6月の声を聞けばコロナの影響も収束に向かっている可能性があります。

 

また、無観客では選手が実力のせいぜい70%しか発揮できないという見方もあります。

 

対策として、ソーシャルディスタンスとして、観客席の間を2メートル程度とりながら、最低限の観客を動員して実施するなど、様々な工夫ができると思います。

 

まとめ

 

  • プロ野球が6.19開幕へ向けて始動!?
  • NPBや全球団は着々と準備を開始
  • シーズン成立のためにも、6月中の開幕が求められる

 

 

 

国民的スポーツであるプロ野球ですが、長い自粛期間を経て、いよいよ6月19日開幕へ向けて動き出したようです。

 

ここ最近、コロナの拡大もやや下火になりつつある状況で、社会全体やスポーツ界を活性化するための起爆剤として、プロ野球の開幕を楽しみに待ちたいものです。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【追記】20/06/11 23:09
GIANTS戦公式試合 初戦の日程

 

6/19

巨人 東京ドーム

金 FRI

阪神

18:00

6/20

巨人

東京ドーム

土 SAT

阪神

14:00

6/21

巨人

東京ドーム

日 SUN

阪神

13:00

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る