デヴィ夫人ホテルで90人規模年越しパーティーが大非難

デヴィ夫人

参照: https://www.instagram.com/p
21/1/13 23:13

 

バラエティ番組などでも大活躍中の「デヴィ夫人」ことデヴィ・スカルノさんが新型コロナウイルスが猛威を振るう2020年の大みそかに都内のホテルで90人規模の年越しパーティーを開いたことに非難が殺到しているようです。

 

この騒動について、デヴィ夫人はフジテレビの独占インタビューに応じ批判も覚悟だったとコメント。今回の年越しパーティーでは対策をしている人物のみが集まったので大丈夫と自信満々に語っていると報じられています。

 

報道によれば、東京都で新型コロナウイルスの新規感染者が過去最多(当時)の1337人を記録した大みそかに都内の高級ホテルで開催された90人規模の年越しパーティーを主催していたのがタレントのデヴィ夫人がだったそうです。

 

年越しパーティーは晩餐とダンスがメインで、デヴィ夫人のセレブな人脈から90人ほどが集まり、2021年1月1日の深夜1時頃まで行われたということです。

 

デヴィ夫人は背中を大胆に開けたピンクのドレスで、マスクはしていなかったといいます。男性にダンスからお姫様抱っこをされている姿の動画を入手したという週刊誌もあったようです。

 

動画を入手した週刊誌の電話取材に答えたというデヴィ夫人は、参加者はマスクを全員していたと回答したようですが、入手した複数の動画では、マスクをしている人物はあまり多く確認できなかったとのことです。

 

これに対しデヴィ夫人は、食事中だったため、ダンス中にマスクをしたら息苦しくてたまらないなどとの回答があったようです。感染予防のためにパーティーでは、10人がけのテーブルで5人がけにし、検温台4台と消毒液4つ用意し、

 

「わたくしの友人は皆さん雑踏へ行かないですし、移動はお車の方が多く、電車やバスにも乗らず、居酒屋にも行かない方ばかり。感染しない・させないが合い言葉で気をつけている方ばかり」

 

と感染対策は万全で感染のリスクもまったくなかったとコメントしていると報じられています。また、公式ブログでは正月に北海道・ニセコ旅行を楽しんでいた様子が書かれているようです。

 

スキー場ではたまたま「ホリエモン」こと堀江貴文さんに出くわすという出来事もあったらしく、コロナ禍といえども可能な限り通常な年末年始を過ごしていたという印象だと報じられています。

 

三密を避けなければならないといわれている時期にわざわざ密になりやすい大人数のパーティーを開いていたことや、旅行に行っていたということでデヴィ夫人にネット上で非難の声が多く上がっているようです。

 

デヴィ夫人はバラエティ番組『昼間っから激論バラエティ 胸いっぱいサミット!』(関西テレビ)の生放送で、不妊の原因をめぐる問題での発言が2020年10月に非難の的となったばかり。

 

「九割九分は堕胎」「全員堕胎です」

 

と誤った情報を発信し不妊治療をしている人からそうでない人まで多くの人の怒りを買うこととなり大バッシングを浴びていました。

 

大きなイメージダウンから今回の大規模年越しパーティー報道。炎上が続いているだけに今後のタレント活動を続ける上でどうなるのか2021年のデヴィ夫人に注目したいですね。

 

 

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る