NEWS・加藤シゲアキさん小説「オルタネート」新人賞創設以来の快挙

21/2/2 21:35 🕘

 

ジャニーズ事務所所属の大人気アイドルグループNEWS・加藤シゲアキさん(33)の最新長編小説「オルタネート」が、「第42回 吉川英治文学新人賞」の候補作品に選ばれたと話題になっています。

 

 

今回注目が集まっているNEWS・加藤シゲアキさんが手掛けた小説「オルタネート」は、2020年11月19日に発売され注目が集まっていました。

 

2月1日に発行元の新潮社が「第42回 吉川英治文学新人賞」の候補作品に選ばれたと発表した同賞にアイドルがノミネートされるのは1980年の創設以来初めてだという快挙。

 

作品の選考会は3月2日に東京都内で行われるということで、NESWファン、加藤シゲアキさんファンは結果を楽しみに待っているようです。

 

今回注目が集まっている同作は、「第164回 直木賞」にもノミネートされていました。その際は惜しくも受賞は逃しましたが、1月21日には「2021年本屋大賞」の候補となりました。

 

NEWS・加藤シゲアキさんの小説「オルタネート」は、高校生限定のマッチングアプリが必須となった現代が舞台となっています。

 

東京のとある高校で恋とは、友情とは、家族とは、人と“繋がる”とは何かに翻弄される3人の若者の運命が鮮やかに加速していき悩み、傷つきながら成長していくという作品。

 

自身の小説の快進撃にNEWS・加藤シゲアキさんは直木賞、本屋大賞に続いて、吉川英治文学新人賞の候補となったことについて、

 

「吉川英治文学新人賞にまで候補にしていただけたこと、大変うれしく思っております。直木賞、本屋大賞と同じく、予期しないお知らせに驚きと喜びが同時に押し寄せ、ありがたい戸惑いをかみしめています。吉川英治文学新人賞はエンタメ性に優れた作品が多い印象ですので、自分の著作も仲間に入れてもらえたのかなと思うと、感慨もひとしおです。」

 

とコメントしています。

 

吉川英治文学新人賞(よしかわえいじぶんがくしんじんしょう)は、公益財団法人吉川英治国民文化振興会が主催で講談社が後援し1980年から創設された文学賞です。

 

創設以降、年1回発表され受賞は選考委員の合議によって決定され、受賞者には正賞として賞牌、副賞として100万円と置時計が授与されます。

 

新人賞という賞ではありますが、中堅以上の作家が候補者・受賞者の多くを占めており、過去の受賞者にはデビュー30年近いベテランの受賞者も存在しています。

 

今回先行されたNEWS・加藤シゲアキさんは12年1月に「ピンクとグレー」(KADOKAWA)で作家デビューしており、「オルタネート」は長編5冊目となり新人賞候補6作品の中に入ったとのことです。

 

ジャニーズ事務所している加藤シゲアキ(かとうしげあき)さんは1987年7月11日生まれ。男性アイドルグループ・NEWSのメンバーで俳優、タレント、小説家として活躍中です。

 

広島県広島市生まれ大阪府豊中市出身で青山学院大学法学部を卒業しています。

 

吉川英治文学新人賞にアイドルがノミネートされるのは1980年の創設以来初めてだという快挙という今作の小説「オルタネート」の結果と、NEWS・加藤シゲアキさんの益々の活躍に注目したいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
このページの先頭へ戻る