アマゾンでプライムセールなど時々セールイベントが開催されるけど、本当に安いのかを検証した方が良い理由

アマゾンでプライムセールなど時々セールイベントが開催されるけど、本当に安いのかを検証した方が良い理由

20/10/14 22:46

 

 

毎年、何ヶ月かに1回はアマゾンではプライムセールとか何とかセールをやったりしてくるので、つい何か買わなければならない?と言う強迫観念みたいなのに苛まれてしまう人も多いかも知れません。

 

実際に、セールと言われたのでつい欲しいモノを物色して何かを買ってしまった人も多い様ですが、その商品は本当に安い商品だったのか?と考えないで、どこか別のネットショップで比較したりして買った人は少ないかも知れません。

 

と言う事で、今回はアマゾンのセールで安くなっている商品は本当に安いのか?を考えてみようと思います。

 

 

アマゾンに載っている商品の中には、商品の販売元からではない商品が多数紛れ込んでいる

 

[10月17日発売予約][バンダイ] 鬼滅の刃 きめつたまごっち たんじろうっちカラー

 

事実、これから発売される人気になること間違いが無い鬼滅の刃関連の商品は、例として「きめつのたまごっち」を挙げておきますが、予約販売当時は2530円だったのですが今や15000円何て言う価格が付いて居たりして、ちょっと辟易どころか憤慨しても良い値段になっている状況です。

 

これは、予約期間中にある程度の個数を予約している人が、転売目的で価格を吊り上げて出品している状況になっているので、それで15000円と言う表示になっているのでしょう。

 

明らかに悪質で元の金額を想像するのが難しい状況になっているので、元の金額を知っている人は早めにアマゾンに報告して欲しい所ですが、報告してもアマゾンがあまりすぐに迅速に対応してくれない一面もあるので、それで適正価格ではない商品が販売されやすくなっていると考えられるでしょう。

 

プライムセールでセール価格になっている商品の中には、ちゃんとした発売元の商品も数多く載っていましたが、中には転売目的の価格を吊り上げられた商品もありましたので、うっかり間違えて高くなっていた商品がセールで普通の小売価格になっていた所を買ってしまった人も居たと思われます。

 

今後また、アマゾンでセールが開催される際は、これから買おうとしている商品が本当に安いのか?を価格コムなどの価格比較サイトで比較してみたり、別のネットショップに見に行って調べてから買い物をした方が良さそうです。

 

 

アマゾンのセール商品の中には、非常に適正以上に安くなっている商品もある

 

画像

 

かなりお安い設定で販売されている商品も多数ありました。

 

特にアニメやドラマや映画のDVDやブルーレイディスクの中には、この値段で全話が買えたらお得だろう?と言う商品も多数存在していましたね。

 

特にここ十数年のアニメのDVDで悪い傾向になっているのが、1~2話しか収録されていないDVDやブルーレイの価格が5~7千円台だったりする所ですが、これを全13話~25話まで揃えて行くとかなりの金額を要する事になるので、全25話程度で1万円台で買えるのは非常にお得感を感じた所です。

 

中には、1期2期を足して全話で45話以上の作品が2万円台で買えたりもするモノもあるので、どこかの動画配信サイトでチマチマと見るのが面倒くさいとか、家で何度でも見ていたいと言う願望がある人にはとても良いお買い得な商品だと考えられるでしょう。

 

他のネットショップでもアニメなどは全話BOXのセールをやっている所もあるので、その辺りと比較して安いと感じたらアマゾンでの購入も検討して良いと思います。

 

ただ注意点を上げるとするならば、極端に値段が下がっている商品の中には、バンドル版と呼ばれる英語圏で販売した作品も含まれている点です。

 

実際に再生してみると映像に英語の字幕がかかって外せないバージョンのDVDやブルーレイも存在しているので、その点はしっかりと販売ページを確認する事が重要ですね。

 

 

アマゾンプライムセールで買い物する人の多くが、家電などの硬い大きめのモノを買っている傾向がある

 

画像

 

意外と消耗品や食品も値下げされているので、普段からスーパーで買い物している商品よりも安い!と感じたら買うべきだと思います。

 

出来れば、次回のセールの際は検討の対象に入れてみて欲しいですね。

 

家電などを買ってしまう背景にあるのが、プライムセールの紹介をしているブログを読みに行ってしまった場合、それらの商品を紹介している人が多い点が挙げられるかも知れません。

 

このパソコン安い!とか、このテレビ買ってしまおうかな?と思ってしまうような紹介をつい読んでしまうと買いたくなってしまう心理が働いてしまうので、それで皆がこぞって大きめのハードな商品を買ってしまうのでしょう。

 

しかし出来れば、消耗品や小さい商品、食品関連にも目を向けて見て欲しい所です。

 

特にパントリーでは実質無料キャンペーンや、割引幅の大きいクーポンの配布などもやっているので、他の人とは違った商品を選んで買ってみるのも手だと思います。

 

つい、誰かが良い良い!安いと言っていると買いたくなってしまう心理が働く傾向にあるかも知れませんが、たまには自分の意識や方向性に従った買い物をしてみると良さそうです。

 

 

まとめ

 

この様に、意外と自分の強い意志を持って買い物に臨んでいる人の他にも、誰かの意見に左右されて買い物をしている人も居たり、適正価格なのかを比較しないで買い物をしている人はかなり多いと思うので、特に赤損のセールでは買いたいものを明確にしてかつ、その表示されている価格は適正なのかを比較検証してみてから買い物をすれば、よりお得を感じられると思います。

 

 

また、セールは1回限りではなく時々開催されているので、今回買えなくても別の機会を待ってみると良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ戻る